書評

書評

大阪的「おもろいおばはん」はこうしてつくられた 井上章一レビュー

井上章一さんの著作、大阪的が大人気  何気なく発売当初に「大阪文化と大阪を勉強しよう」と思って、「大阪的 「おもろいおばはん」は、こうしてつくられた (幻冬舎新書)井上章一」を買ったのですが、なにやら大人気な著作になっているようです。私もびっくり。 大阪は「風評被害を受けている」井上章一さん著「大阪的」...
歴史

映画、帰ってきたヒトラーレビュー コメディであり問題提起作品

配信型200円で、アマゾンへリンクしてます。 映画「帰ってきたヒトラー」あらすじ  最近は近代の独裁者を研究しております。そのついでに映画や動画も見たりしています。なぜって? 理由はいくつかあるのですが、政治的な支配層と被支配層の関係性や構造を調べるのに、必要な要素の1つだからというのが、大きな理由です。...
経済

マネーは踊る(Capitalism A Love Story)マイケル・ムーア映画レビュー

マイケル・ムーアの資本主義への問題提起  先日、暇な時間にユーチューブで上記の動画を見ておりました。アメリカの資本主義について、マイケル・ムーアが描いたドキュメンタリー映画です。2時間ほどの映画なのですが、なかなかにショッキングな内容でした。  大まかなストーリーはこうです。1950年...
政治・時事

政府統計は信用できないが、安倍総理は支持するという国民と認知不協和

政府統計は8割が信用できないが、安倍政権は支持するという現象  Googleでいつものようにニュースを見ておりましたら、日経新聞に以下のような記事が載っておりました。今日は体調がすぐれないので、短めに記事を書いていきます。 日本経済新聞社とテレビ東京による25~27日の世論調査で、安倍内閣の支持...
思想

妖怪大戦争(2005)が超ナショナリズム映画な件-妖怪とナショナリズムと映画

妖怪大戦争という映画  AGB速報の立ち上げも終わり、本業の仕事も一段落。小説も6話まで書き終わり、昨日は晴れてお酒を煽りながら映画を見ておりました。dTVというドコモのサイトでございます。そこで見ましたのが「妖怪大戦争(2005年版)」なのですが、非常に面白い映画でした。  妖怪といえば水木しげ...
政治・時事

新元号アンケート最多は平和-平和主義は貧困への道的に言えば、つまり本能的に貧困を望む日本国民

新元号アンケート最多は平和だってさ  新元号予想、最多は「平和」…次代に願い託す(読売)という興味深い記事が出ておりました。引用しましょう。  新元号が改元1か月前の4月1日に発表されることが決まり、次の元号を予想するアンケートなどが注目を集めている。昭和から平成に変わる時の「自粛」とは異なる雰...