【素朴な疑問】国の借金はどこに返すのか?答えは記事中で明らかに

 いわゆる国の借金、政府の負債である国債はどこに、誰に返すのか? この問いに即答できる人は、おそらく1%もいないのではないでしょうか。

 借金をするには貸す人が必要です。貸し付けた人が存在しない借金など、あり得ません。これは国の借金も、例外ではありません。

 では国の借金は、どこの誰に返すのでしょうか? 今回の記事は、そんな素朴な問いへの解説と答えです。

スポンサーリンク

国の借金をどこに返すか、誰に返しているかという問い

 「国の借金はどこに返すの?」という問いに、しっかりと答えられる人はほとんどいません。あなたは即答できますか? できるなら、素晴らしい見識です。

 国の借金とは、国債のことです。なら国債の償還を受けている対象が、国の借金の返済先でしょうか? それが正解なら、答えは民間の金融機関になりますが……。

 では金融緩和による日銀の国債引き受けとは、何だったのでしょう

財務省資料より

 財務省の資料によれば、国債のおよそ半分を日銀が保有しています。金融緩和によって、大量の国債を引き受けたからです。民間の金融機関より、日銀保有割合が多いのです。

 では日銀に返しているのでしょうか? ところが日銀は、政府の一機関ないし子会社のようなものです。

 ますます混乱してきますよね。

国の借金の正体

 混乱と疑問を紐解くために、国の借金の正体を明らかにしましょう。正体が明らかになれば、どこに返すのかもわかります。

 いわゆる国の借金とは、政府の借金であり国債のことです。国債を根源的にどこから調達しているのかがわかれば、どこに返すのかもわかります

 上記の画像が参考になります。

 一般的な財源観では、政府は民間銀行に国債を引き受けてもらって、財源を調達することになっています。しかし見てきたとおり、国債の約半分を現在は日銀が保有しています。
 つまり国債の最終的な引受先は、日銀です。

 とすれば構造を単純化して考えれば、政府と日銀間で国債がやりとりされています。日銀は国債を引き受けて貨幣を供給し、供給された貨幣は政府が支出することで民間に供給されます。

 以下が、もっとも単純化した国債発行とお金の流れです。

  1. 政府は国債を発行する、日銀はそれを引き受けて貨幣を政府に供給する
  2. 政府は供給された貨幣で支出を行い、民間に貨幣を供給する
  3. 民間に供給された貨幣は、徴税によって政府に戻り消滅する

 つまり「新規国債発行=民間への貨幣供給」です。換言すれば国の借金の正体とは、民間への貨幣供給だったのです。

 「借金をしないと貨幣が供給できないの?」という疑問は残るでしょう。しかし例えば日本銀行券は、日銀の「負債」です。貨幣とは発行主体にとって、じつは負債です。
 本源的な貨幣供給は政府か日銀が負債を負うことでしか、かなえられません

 そして日銀が財政出動するわけにはいきませんから、もっぱら貨幣供給は国債、いわゆる国の借金で行われることになります。
 逆説的に国の借金とは、通貨発行権によって調達されていると解釈できます。

国の借金はどこに返すのか、その答え

 国の借金はどこに返すのか? 先に結論を言えば「最終的には政府が政府に返す」です。

 日銀と政府の関係を整理しましょう。政府は通貨発行権を持ちます。日銀は通貨を発行しています。したがって日銀は、政府の一機関と考えられます。
 この考え方を、統合政府論と言います。

 余談ですが2008年以前は、中央銀行の独立性という議論がありました。しかし2008年以降、この手の議論はピタリとなりを潜めます。現実的でなかったからです。統合政府論は現実的なものとして、受け入れられていると言えます。

 閑話休題。

 国債を発行しても最終的に、日銀が引き受けます。中央銀行が世界的に最後の貸し手と認識されているのは、統合政府に通貨発行権が存在するからです。

 したがって政府+日銀の統合政府は、自分自身に借金している状態です。つまり国の借金はどこに返すのか? 答えは「最終的には国の借金は国に返す」でした。

 つまり返さなくてOKという話です。

 そんなのインチキじゃないか! って?
 それを言うならそもそも、通貨発行権という国権こそがチートなのです。

【まとめ】国の借金はどこに返す

 この手の議論では必ず「いやいや、国債を返す先は国民だから」「国民が国債を貸しているから」という反論があります。

 この主張の根拠は「国債を保有しているのは金融機関であり、金融機関に預金しているのは国民」「だから国債=国民が貸している」です。
 とすると日銀の保有率が約半分に増加しましたから、国民にはその分の金額が返済されたのでしょうか? 当然そんなことはありません。
 単に日銀の当座預金が、だぶついただけです。

 現実的には逆です。国債を発行するから、民間の資産――当然個人預金も含む――が増加します。なぜなら新規国債発行=貨幣供給だからです。
 「誰かの負債=誰かの資産」の原則から「政府の負債増加=民間の資産増加」は、当然の帰結です。

 したがって「国民が貸している」という議論は、明確に間違いです。
 ただし国債という負債の反対側に民間の資産があるので、国債が国民の資産である! と主張するなら合っている。

 余談ですが政府が国債を返しきってゼロにすると、民間から1000兆円の資産が消えます。プライマリーバランス! と唱えている人たちは、逆説的に「民間は貧乏になれ! 資産を減らせ! 増やすな!」と言ってます。

 閑話休題。

 国の借金はどこに返すのか? 答えは「国の借金は国に返す、よって返さなくてOK」でした。

申し込む
通知する
0 Comments
インラインフィードバック
すべてのコメントを表示