緊縮財政の反対語は放漫財政な件-緊縮財政が根強い理由は言霊か?

 日本語では言霊という言葉があるほど、言葉のパワーはすさまじいものです。だからこそ議論や思考では、言葉の定義をしっかりとしなければなりません。

 緊縮財政の反対語を調べたところ、積極財政であるとの回答が多いようでした。政治概念的には間違っていません。しかし言葉的には、完全に間違っています
 緊縮の反対語は積極ですか? 違いますよね。

 間違った言葉遣いをしているから、日本はいつまでも緊縮財政から逃れられないのかもしれません。積極財政派がその言葉にパワーを乗せられない理由は「間違った言葉遣いをしているから」です。

 わかりやすく、一つ一つ解説していきますね。

スポンサーリンク

言葉の定義を正確にすると……

 言葉の定義は正確にするべき、という主張に異論がある人はいないでしょう。「定義は正確にするべき」はどう考えても正しいことですが、しばしば忘れられがちです。

 日本人は言霊を信じるくせに、言葉の定義をあまりに疎かにしています。緊縮財政に関連する言葉と、その反対語を参照してみましょう。

緊縮の反対語は放漫

 緊縮の反対語は放漫です。
参照 緊縮の反対語・対照語・対義語: 反対語大辞典

 とすると緊縮財政の反対語は、厳密には放漫財政になるはずです。
 節約の反対語は浪費であるように、緊縮財政という言葉そのものの反対語は放漫財政という、なんだか印象の悪い言葉になってしまいます。

 なるほど、いくら「緊縮財政だ!」と批判の声を上げてものれんに腕押し、糠に釘なわけです。

積極の反対語は消極

 一方で政治概念的に「緊縮財政の反対語は積極財政」と言われます。しかし積極の反対語は消極です。緊縮ではありません。

 自分たちと積極財政派と称するなら、均衡財政主義者たちは消極財政派のはず。

均衡の反対語は不均衡

 緊縮財政やプライマリーバランスは、均衡財政主義と呼ばれます。であれば積極財政は、不均衡財政主義になります。

 しかし拡張と縮小の間に均衡があるのですから、積極財政派は拡張財政主義と称しても良いと思います。

言葉はそれ自体で善悪を表現することがある

 言葉とは単語そのものに、善悪の印象やパワーが宿ることが多々あります。「節約」と聞くと良いことだと思えて、「浪費」と聞くと悪いことに感じるのも同様です。

 日本語ではこのような言葉のパワーを、言霊と表現します。言霊とは言葉に内在する霊的な力を指し、昔から信じられてきました。

声に出した言葉が、現実の事象に対して何らかの影響を与えると信じられ、良い言葉を発すると良いことが起こり、不吉な言葉を発すると凶事が起こるとされた。

言霊 – Wikipediaより

 緊縮の反対語は放漫です。とすれば緊縮財政という言葉は、その反対側にある放漫財政を無意識下で示します。

 したがって「緊縮財政はダメだ!」と「緊縮」を連呼するほど、人々はその反対語である放漫を拒否します。よって緊縮財政を受け入れてしまいます。

 別の表現をすれば、緊縮という単語そのものが善と認識されます。放漫は悪です。緊縮財政を「緊縮だからダメなんだ!」と批判しても、批判勢力は善を批判する悪にしかなれません。

 これ、むっちゃ困るやん。筆者も積極財政派やねんけど……。

一般的に緊縮財政の反対語は積極財政だが……

 一般的な政治議論や概念において、緊縮財政の反対語は確かに積極財政です。このことそのものが、捻れていると言わざるを得ません。

 積極財政派を掲げる人たちは、財政均衡主義の人たちを「消極財政! 積極性が足りない!」と批判してみてはいかがでしょうか。

 みんな大好き積極性! 大義名分には積極性! 打って出るのだ積極性!

「消極財政派がちまちまとしとるから、日本は失われた20年とか言われとんねん! もっと積極的に行くべきやで!」

 ほら、なんだか積極財政派の言葉が強くなっていませんか? 逆に緊縮財政派、もとい消極財政派はジメジメしたあかん奴ら! という印象になりました。

 消極財政主義! ないし消極財政派! という言葉。
 気に入ったらどんどん使ってみてください。

反緊縮という言葉

 緊縮財政の反対語に、反緊縮(財政)があります。緊縮の反対語が放漫なので、正確性と言葉のイメージを両立させてやむを得ずこうなった、という印象を受けます。

 なぜなら反○○という言葉は「反発しているだけ」との印象を与えかねないからです。特に日本では、TPPに反対したら「対案を出せ! 対案を!」と言われる国です(笑)

 閑話休題。

 前々から「なんで『緊縮財政 反対語』で検索する人が多いの?」と疑問でしたが、検索していた人たちは鋭い感性を持っています
 「緊縮の反対が積極って……なんか変じゃない?」と思ったから、検索していたのではないでしょうか。

 そんな人たちに、一定の答えが本稿で出せたなら幸いです。

申し込む
通知する
0 Comments
インラインフィードバック
すべてのコメントを表示