インフレとは?ポイントを押さえて簡単に5分でインフレを理解する

 この記事は「インフレっていまいちわからない」と感じている人向けの、ポイントを押さえた解説記事です。5分で誰でも「インフレってこういうことか!」と、深めに理解できるように書いています。

スポンサーリンク

インフレを簡単に説明

 まずインフレの基本原理と、2種類のインフレを簡単に解説します。

インフレの基本原理を簡単に言うと……

 インフレの基本原理を簡単に言うと「需要>供給」です。逆にデフレは「需要<供給」の状態です。

 ネットオークションでほしい人(需要)が多いと、商品の値段はつり上がっていきます。ほしい人がいないと、値段がつきませんよね。基本的にはこれと一緒です。

 需要が大きく、供給が少ないと「物価が上がる=貨幣価値が下がる」状態、つまりインフレが起こります。去年は100円で購入できたものが、今年は105円の値がつく状態です。

 なお「貨幣価値が下がる」が、簡単には理解しづらいかもしれません。

貨幣価値が下がるという意味

 去年はリンゴ1つが100円でした。今年はリンゴが1つ105円です。

 リンゴの価値が一定なら、リンゴ1つを「100円で買えなくなった」ので「貨幣の価値が下がった」と見なせます。
 貨幣とは忘れがちですが、定規の目盛りのように常に一定ではないのです。
 ものの価値を表す尺度であるとともに、貨幣自体も価値が上下するのでややこしくなるのですね。

デマンドプルインフレ

 デマンドプルインフレのデマンドとは、日本語で需要の意味です。「需要がインフレに押し上げること」を、デマンドプルインフレと言います。

 景気がよくなって需要が拡大し、「需要>供給」の状態になることです。デマンドプルインフレは景気拡大を伴うので「良いインフレ」と表現されることも。

コストプッシュインフレ

 コストプッシュインフレには諸説ありますが、簡単に言えば「原材料の価格が高騰して、インフレになること」です。

 日本の場合は石油、鉄鋼などの高騰で陥る場合があります。
 コストプッシュインフレは景気拡大を伴わず、値段だけが上がり庶民の生活が苦しくなることが多いので「悪いインフレ」と表現されることも。

資本主義とインフレの関係を簡単に言うと

 インフレやデフレとは、資本主義で起こる現象です。資本主義とインフレはどのような関係にあるのか、簡単に説明します。

資本主義ではインフレが当たり前

 資本主義はインフレが健全な状態です。逆にデフレは資本主義では、もっともだめな状態のひとつです。

 なぜ資本主義は、インフレでないとダメなのでしょうか。インフレとは「需要>供給」の状態であり「物価が上がる=貨幣価値が下がる」状態です。

 お金を持っていても価値が下がっていくなら、企業や個人は消費や投資をします。資本主義は投資によって回りますから、お金の価値が減って投資に回るインフレは、望ましい状態です。

 逆に投資や消費が減少するデフレは、資本主義が病気になったと言えます。

インフレは簡単に過剰にならない

 世間では経済学者や有識者が、すぐに「ハイパーインフレ! インフレ怖い!」と言います。これは病人が、健康になるのを恐れているようなものです。

 インフレは通常、簡単に過剰になりません。ハイパーインフレが起きた理由の多くは、戦争や革命などの混乱、もしくはインフレ過剰気味でさらに、インフレ加速政策を採ったことにあります。

 資本主義はインフレが健全な状態ですから、恐れる必要はありません。

過剰なインフレが起こりそうになったら

 それでも、もし過剰なインフレが起こりそうなら? インフレの抑制は非常に簡単に行えます。

金利を上げれば簡単に抑制できる

 中央銀行が金利を引き上げれば、インフレは簡単に抑制できます。

 インフレが過剰になるのは、以下の2つのどちらかです。

  1. 戦争や革命などの混乱で、焼け野原にされて供給ができなくなる
  2. 需要の投資が膨らんで、投資が投資を呼ぶプチバブル

 1.のケースは、インフレどころの騒ぎではありません。諦めましょう。
 2.が一般的なケースです。投資をするには、借金をする必要があります。借金の利息が高ければ、投資を抑制することができます。

それでダメなら緊縮財政

 中央銀行が金利を上げても、まだインフレが過剰気味なら緊縮財政で抑制できます。投資に向かうお金を、税金で回収してしまえばOKです。

 もしくは政府が支出を絞ることで、需要を少なくすることも可能です。

インフレの簡単な説明まとめ

 余談ですが戦後、世界中の国家は「デフレにだけはなりたくない!」と思い、国家運営をしてきました。なぜならインフレは比較的簡単に制御できますが、デフレは抜け出すのにパワーがいるからです。

 20年以上もデフレ、ないしデフレギリギリの日本はおかしいです。経済政策の大失敗、としか言えません。

 閑話休題。

 インフレという経済用語を、深く理解していくと経済全体が見えてきます。そのとっかかりになれば幸いですよ。

申し込む
通知する
0 Comments
インラインフィードバック
すべてのコメントを表示