武田邦彦のゴゴスマ、暴走ネトウヨ発言からネトウヨを考察する

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゴゴスマ・武田邦彦の暴走ネトウヨ発言

 武田邦彦教授の、ゴゴスマでの発言が炎上しています。報道では「ヘイトスピーチ」「ヘイトクライム」といわれますが、私は「極めてネトウヨ的発言である」と思います。

 日本人女性が韓国旅行中、韓国人男性に暴行と罵声を受けた事件での、武田邦彦教授の発言です。

 ことの発端から解説し、ネトウヨの構造についても言及します。

 被害者女性には、同情の念しかありません。この手の事件は、トラウマになりかねません。私も経験したことがあります。
 ひとまずゆっくりと家族や友人と過ごして、少しでも心を安んじてもらえればと思います。

スポンサーリンク

韓国での女性暴行事件と武田邦彦教授のネトウヨ発言の経緯

事の発端は、韓国に旅行に行った女性が罵声と暴行を受けたことです。彼女はその動画を、Twitterにアップしたそうです。
 その動画は、以下。

홍대 일본인 폭행영상(댓글방+추가 글) 자막+사진,폭행이유 설참

 被害者女性は大変怖い思いをしたでしょうし、加害者男性は許されないことをしてます。
 私も暴行事件の、被害者になったことがあります。被害者女性の恐怖は理解できます。

 You Tubeでもそうですが、LITERAによればTwitterでの女性への反応は「同胞がすまない」「我が国の恥だ」などの、謝罪のコメントが韓国から寄せられたようです。
 一方でネトウヨからのツイートは「韓国は敵国だから当然こうなる」「こんな時期に行くのが悪い、自己責任」といったものも見られたようです。
参照:韓国人の暴行事件に『ゴゴスマ』で武田邦彦が「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」とヘイトクライム煽動|LITERA/リテラ

 8月27日に、この事件をTBSのゴゴスマが放送しました。武田邦彦教授はコメントで以下のように発言します。

「明らかに反日の教科書をつくり、反日の教育をし、路上で日本人の女性観光客を、その国のね、訪れた国の男が襲うなんつうのはね、これはもう世界で韓国しかありませんよ」
「韓国の大統領から何から政治家から何からマスコミも全部、反日的雰囲気をつくったなかで生まれてるんですよ」
「いやいや韓国が日本に対していままでこれくらい、国対国の関係でこれくらい攻撃的にね、平和なときにこれくらい攻撃にくる国ってのはないですよ、ほんとに」

 さらに、大阪で韓国人観光客が激減というコーナーでは、こう発言します。
「そりゃあ日本男子も韓国女性が入ってきたら暴行しなけりゃいかんからね」

武田邦彦教授の発言に思う、ネトウヨ的勇敢さと痛みの知らなさ

 おそらく被害者女性は、トラウマでしょう。二度と韓国旅行ができないとしても、不思議ではありません。

 一方で武田邦彦教授の発言に、共演者は「言い過ぎです」などと制止はしようとしたものの、武田邦彦教授は言いたい放題だったようです。

 武田邦彦教授はおそらく、今まで暴力沙汰とは無縁だったのでしょう。だから怖さも、想像できないに違いありません。
 被害者女性を慮る発言は、1つもなかったようです。
 また被害者女性の動画ツイートに、「自己責任」などのツイートを寄せたネトウヨも同様だと思います。

 怖さや痛みを知っている人間なら、そのような「酷いツイート」が出来るはずがありません。

武田邦彦教授のネトウヨ的発言は、日本人や大阪人への侮辱でもある

 私は韓国を好きでも嫌いでもありません。

 武田邦彦教授は、以下のような発言を番組内でしました。
「そりゃあ日本男子も韓国女性が入ってきたら暴行しなけりゃいかんからね」
「日本男性は我慢すると思うよ。我慢すると思うけど、(韓国人女性への暴行が)起こってももう仕方がないんですよ」

 上記は日本人への、侮辱でもあります。
 この事件となんの関係もない、韓国人に対して日本人が暴行を加える。しかしまぁ、我慢はするだろ、と言っているのです。

 この発言は番組内の、大阪への韓国人観光客が減ったというコーナーで行われました。直接的には大阪人に対する侮辱です。
 私は生まれも育ちも大阪ですから、この発言にも腹が立ちました。

ネトウヨ的発言と態度は、退潮するどころか広まっているの?

 退潮するのでは? と感じていたネトウヨ傾向は、むしろ広がっているのでは? と、最近になって考え直しました。

 ジャーナリストの安田浩一さんによれば、「この前帰省した際、テレビを丸1日つけていたら、出てくる表現が、ネットでの罵詈雑言を追い越していることに気がつきました。テレビを見ているだけで、ネトウヨが生まれてしまうのではと思えるほどでした。テレビや社会そのものが、右傾化しているのだと思います」とのこと。
参照:断韓炎上「週刊ポスト」にネトウヨ高齢者が群がる | Smart FLASH[光文社週刊誌]

 上記は参照で上げた、LITERAの記事でも指摘されています。

商業化する劣情の利用とネトウヨ的メディア

 現代はテレビが視聴率を取れなくなり、週刊誌や雑誌が売れない時代です。インターネットの発達によって、個人がメディアを持つ時代とすら解釈可能です。
 有名なユーチューバーなどは、1つの動画で100万PVすら行きます。

 既存メディアに対して、競争相手が出てきました。

 いちばんPVや視聴率が稼ぎやすい方法は、なんでしょう? 劣情の利用です。ブログランキングで未だに、ネトウヨブログが上位を占めているのが、その証左です。

 マスメディアは商売ですが、最低限度の良識と知性くらいは、維持してほしいものです。

ネトウヨの基本構造と劣情と「すっきり感」

  1. 統計によれば、40代から50代の男性が中心層
  2. 低所得層ではない。むしろ中流層が多い
  3. 嫌韓、嫌中がデフォルトスタンダード
  4. 愛国心「らしきもの」を持っていると主張している

 上記が、ネトウヨの基本データです。

 下記が、ネトウヨの基本構造です。

  1. 日常の虚無感・閉塞感からの現実逃避
  2. 勧善懲悪物語のようなすっきり感が得たくて、正義面をして叩く
  3. 愛国心や反日は、理屈を考えずにすむお手軽ワード

 いちばん端的にネトウヨを表すのは、ネトウヨがよく使用する常套句「目覚めよ、日本人」でしょう。要するに、「本当は俺たちは、もっとすごいんだぞ!」というわけ。
 武田邦彦教授のネトウヨ発言も、意訳すれば「俺たち日本人を、怒らせたらどうなるかしらんぞ! 知らないんだぞ!」となります。

 ではネトウヨの劣情とはなにか? 凋落していく日本、貧困化する日本、外国に対して遺憾の意しか言えない日本、という現実そのものです。

 被害者女性のTwitterに、「自己責任」というツイートがなされたのも「現実を見たくない」からではないか? と考えれば、つじつまは合います。

 「目覚めよ!」などと言う前に、現実を直視する態度を持ちたいものです。

4
コメントを残す

2Comment threads
2Thread replies
0Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
3Comment authors
  Subscribe  
新しい順 古い順 最も評価の多い
更新通知を受け取る »

>私は韓国を好きでも嫌いでもありません

私は韓国文化に大した知識もありませんが、映画やダンスは日本のものよりクオリティが高いと思います。テレビドラマの質は日本と同じくらい程度が低そうです。いや、大して知らないのですが、あんなものは雰囲気を見て中身の想像がつきます^^

阿吽

>「そりゃあ日本男子も韓国女性が入ってきたら暴行しなけりゃいかんからね」

典型的な愛国無罪ですねww

昔の2ちゃんのハン板風に言えば、韓国面に墜ちたですねw

しかしまあ、昔と違ってテレビで、しかも76歳のおじいちゃんが韓国面に堕ちていると言うのは、なかなかもって、いろいろまずいですね・・・・。

左翼は左翼で(まあ青木理さんなんですが)、こんな事件はたいしたことない。自分が記者時代だったら記事にさえしない、まあ、この暴行事件そのものがたいした事件ではない、こんな事件報じたら日韓関係が悪くなっちゃうでしょ、みたいなふうなことをテレビで言っていましたし・・、このおじいちゃん(武田邦彦さん)はおじいちゃんで愛国無罪のネット右翼だし・・、

日本のテレビ業界全般の現実逃避っぷりは、なかなかにもって深刻ですね。

タイトルとURLをコピーしました