奇跡の経済教室 基礎知識編レビュー 世界一やさしい信用貨幣論

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 先日、ジュンク堂に行きましたら、目からウロコが落ちる 奇跡の経済教室【基礎知識編】が売り切れだったので、アマゾンでバリカンと一緒に購入しました。
※なぜバリカン? という突っ込みはしないでください。ちなみに、断髪もしました(笑)

 届いてから2時間ほどで読み終えたので、レビューしたいと思います。
 最初に結論だけ申し上げますと、「この本は、世界一信用貨幣論をやさしく書いた本」です。

スポンサーリンク

目からウロコが落ちる奇跡の経済教室、目次

 定番の、目次から見ていきましょう。

  1. 日本経済が成長しなくなった単純な理由
  2. デフレの中心で、インフレ対策を叫ぶ
  3. 経済政策をビジネス・センスで語るな
  4. 仮想通貨とは、何なのか
  5. お金について正しく理解する
  6. 金融と財政をめぐる勘違い
  7. 税金は、何のためにある?
  8. 日本の財政破綻シナリオ
  9. 日本の財政再建シナリオ
  10. オオカミ少年を自称する経済学者
  11. 自分の理論を自分で否定した経済学者
  12. 変節を繰り返す経済学者
  13. 間違いを直せない経済学者
  14. よく分からない理由で、消費増税を叫ぶ経済学者
  15. 主流派経済学は宗教である

 10章からは第二部、応用編となっていて「経済学者たちはなぜ間違うのか?」という副題がついております。

1~9章は本当の基礎知識編で、世界一わかりやすい信用貨幣論

 中野剛志さんといえば富国と強兵という大著で、日本で初めて現代貨幣理論(MMT)を取り上げた方です。
 目からウロコが落ちる 奇跡の経済教室【基礎知識編】では、現代貨幣理論(MMT)をがっつり取り上げているわけではありませんが、そのエッセンスは随所に詰まっております。

 現代貨幣理論(MMT)の一番のエッセンスは何か? と問われると、信用貨幣論だと思います。信用貨幣論と中央銀行制度こそが、資本主義を発展させた本質と思われます。

 余談ですが、イギリスでなぜ産業革命が起こったのか? なぜイギリスだったのか? 当ブログでも数度言及しておりますが、イギリスがいち早く中央銀行制度を整えたからです。
 大きな事業をするには、大きな資金(負債)の調達が必要です。

 「預金を集めて貸し付ける」なんて制度では、巨額の資金(負債)は賄えません

 現代貨幣理論(MMT)ではおなじみの、イングランド銀行の信用創造や、貸付したら預金が創造される、という話も目からウロコが落ちる 奇跡の経済教室【基礎知識編】では出てきます。

 非常にやさしく、かいつまんで要点を解説されておられるので、現代貨幣理論(MMT)や信用貨幣論の概要を知りたい方には、もってこいの本です。

 逆に、すでに現代貨幣理論(MMT)や信用創造、信用貨幣論を理解している人にとっては、第一部「経済の基礎知識をマスターしよう」は、物足りないかもしれません。
 また、中野節も第一部にはあまり出てきません。
※実際に私なんかは、第一部は「うんうん、そやんね~」と、わりと速読気味でした。

 しかし、今から現代貨幣理論(MMT)を知りたい! という方には、必読の書といえます。

第二部 経済学者たちはなぜ間違うのか? が面白い!

 第二部からが中野剛志さんファンにとっての、中野節を読める目からウロコが落ちる 奇跡の経済教室【基礎知識編】の本体です(断言)。

 第一部の基礎知識をもとにしつつ、……え~経済学者を滅多切りです(笑)

 あえて言います。きっと中野剛志さんは主流派経済学者に「なんでこんな、簡単なことすら見落としてるんだ? ちょっと考えりゃ、基礎知識でもこうなるってわかるだろ!」と言いたいのではないか? と感じました。

 目からウロコが落ちる 奇跡の経済教室【基礎知識編】は、初心者向けに書かれておりますので、経済学者たちに対する批判も、基礎的な信用貨幣論とデフレ対策、そして一般均衡理論への批判になります。

 書いてある批判は、日本の主流派経済学者の変節や間違いに絞られています。実際の言説を抜き出しての矛盾の指摘など、中野節を彷彿とさせる箇所です。

 ただし、批判内容自体は目新しいものではありません。むしろ主流派経済学を批判するうえで、定番のものといった印象です。
 新古典派経済学とは?わかりやすく新古典派経済学・新自由主義の間違いを解説などで、私も用いる定番のものです。
 基礎知識編・初級者向けですので、それはそうなるのでしょう。

奇跡の経済教室【基礎知識編】で最も大事な要素

 リフレ派、現在の日銀のインフレ理論は「マネタリーベースを増やせば、貨幣供給量が増える!」というものです。
 リフレ派は主流派経済学の亜種であり、新自由主義的ですが、現代貨幣理論(MMT)を論じると早とちりする人がいます。
 現代貨幣理論(MMT)も新自由主義だ! ネオリベだ! と。

 こう主張する人はおおよそ、文章の1つ1つの細事にこだわり、論理の全体像を見落としがちです。

 現代貨幣理論(MMT)にのっとれば、デフレを解消するのは「貨幣供給量拡大=政府支出(政府の需要)拡大=政府負債による信用創造=需要創出」です。
 端的にいえば、現代貨幣理論(MMT)による「貨幣供給量の拡大」とはイコールで、「政府による需要創出」なのです。

 また、コメントで「中央銀行は信用創造してない」というものがありました。してます。
 感想やご質問にはできるだけコメ返ししますが、議論には面倒なので返さないこともあります。
 延々と(99%無駄な)議論するくらいなら、1本でも良質な記事を書きたいからです。
関連:政治・経済議論がネットで嫌いになった理由 ブロガーの正しい時間の使い方

 閑話休題。
 現代貨幣理論(MMT)をすでに、がっつりしている方には目からウロコが落ちる 奇跡の経済教室【基礎知識編】は物足りない本かもしれません。
 しかしそれだけに、非常にわかりやすい初級者向けの一冊となっております。

 中野剛志さんのご著書はほとんど読んでますが、これほどまでに「わかりやすい、やさしい!」のは珍しい気がします。

 難しいのが好きな方は、富国と強兵ですよ(笑)

経済関連であわせてお読みいただきたい記事

コメントを残す

  Subscribe  
更新通知を受け取る »
タイトルとURLをコピーしました