ケルトン教授と現代貨幣理論 失業が社会的コスト、損失である意味

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 3月から現代貨幣理論(MMT ModernMonetaryTheory)の記事が出始めたと思ったら、今や日刊現代貨幣理論(MMT)といった様相です。

 現代貨幣理論にはいくつかの理論がありますが、現代貨幣理論にとって根幹の考え方、概念を解説したいと思います。
 「失業は社会的損失とコストである」とはなにか?

スポンサーリンク

ケルトン教授のインタビュー記事の重要部分

 朝日新聞の単独取材に、来日していたケルトン教授が答えた記事があります。
日本学び「財政赤字恐れるな」 米「伝道師」の異端理論:朝日新聞デジタル

 ――巨額の財政赤字を出し、政府は何をすべきだと?
 「政府支出を増やせば失業者が経済活動に戻り、生産量も増えます。財政赤字はしばしば、その国が実力以上の暮らしをしている証しだとみなされます。しかし実際は米国も日本も、人材や資源をフル活用できておらず、実力よりもだいぶ低い生活水準に甘んじています。インフレが怖いからと完全雇用を目指さないなら、失業の経済的・社会的コストはどうなるのでしょう」

マーカーなど筆者編集

失業による社会的コスト、損失とは

 上記引用部分での「失業の経済的・社会的コスト」とは、別に失業者を責めているわけではありません。
 失業を生み出すと、社会的な損失だという意味です。

 現代貨幣理論(MMT)では、貨幣はクーポンと考えます。
 クーポンを何枚渡したか? もらったか? 数枚程度なら現物で間に合いますが、数万枚となればどうでしょう?
 お互いに「クーポンをAさんに何枚渡した」「クーポンをBさんから何枚もらった」と記帳しておくことになるでしょう。これが銀行口座などです。

 しかしクーポンがいくらあっても、そのクーポンに見合う生産がなければ、クーポンは価値を落とします。
 逆にクーポンを出し渋って、生産が落ちていることは損失です
 ケルトン教授のいう「失業による経済的、社会的コスト」とは、クーポンを出し渋って、生産が落ちている現状を指しているのです。

ノウハウは積み上げなければ、失われていく

 モノやサービスの生産には、ノウハウが必要です。技術的なノウハウだけでなく、人間関係における協調性やマナーなども、ノウハウの一部です。

 例を挙げると、引きこもりという現象が問題になっていました。なぜ問題になったのか? 彼らが「人間関係におけるノウハウ」を喪失してしまったのが、問題の根本要因の1つでしょう。

 ノウハウとは、常日頃から生産やサービス、社会に触れることで積み上げるものです。逆にいえば、触れなければ失われていくのです。

 例えば、あなたは今の仕事のノウハウを持っています。3年間その仕事から離れ、何もしてなかったとしましょう。
 3年後に同じ仕事を、3年前と同じ水準でこなせるでしょうか? ほとんどの人は「無理だ」と答えるでしょう。

 ノウハウは常日頃から発揮し続けなければ、失われます。
 したがって失業とは、社会全体からノウハウの一部が失われる損失、コストなのです。

緊縮財政ではイノベーションも起きにくくなる

 ケルトン教授が主に答えたのは、失業による社会的損失でした。失業の社会的損失が、一般的にはイメージしやすいからでしょう。

 緊縮財政下では、基礎研究などの「まだお金にならない研究」が削られます。
 基礎研究や技術研究などの分野は、下手すれば数十年後にようやく花開くものです。短くても数年~10年はかかるものでしょう。
 実際の商品化までは、もっとかかることだと思います。

 基礎研究などを、政府の財政赤字を理由に打ち切ればどうなるか? 研究に対するノウハウは失われ、将来起きていたかもしれないイノベーションを、起こせなくなるのです。
 大きな社会的損失と言わざるをえません。

現代貨幣理論(MMT)がJGP(雇用保障プログラム)を推す理由

 現代貨幣理論(MMT)は、基本的に政策提案をしません。現代貨幣理論自体は、現実の金融構造を詳らかにするものだからです。

 その現代貨幣理論から、珍しく提案しているのがJGP(雇用保障プログラム Job Guarantee Program)です。

 詳しくは雇用保障プログラム-Job Guarantee Program(JGP)-とは?ベーシックインカムと比較してみるを、お読みください。

 簡潔に説明すれば、全ての失業者に、最低賃金での仕事を保証する、という政策提案です。JGPによって、最低限の生活と仕事は政府によって保証され、ノウハウの喪失も最低限にしようというものです。
 また企業はJGPを意識せざるを得ないため、雇用の際の所得は最低賃金を上回るだろう、という予測も入ります。
※企業まで最低賃金で雇用していたら、その企業で働くインセンティブがなくなる。JGPでいい、となる。

 失業者がいなくなるメリットは、無数にあります。代表的なメリットを見てみましょう。

  1. ホームレスはいなくなる(自分からホームレスしたい人だけは別)
  2. いつ仕事をやめても、最低限の収入は保証される
  3. ブラック企業よりも、JPGというインセンティブが働き、ブラック企業が減少する
  4. 雇用環境の改善、所得の上昇が見込まれる
  5. 失業がなくなることで、社会全体の生産が上がる
  6. ノウハウの喪失が最低限になる
  7. 失業による精神的ダメージを軽減できる

 JGPへの批判の多くは「政府の赤字はどうするんだ!」というものでしょう。
 逆説的ですが、現代貨幣理論(MMT)は貨幣を「単なる記録、数字」と捉え、それより人々の仕事と生産と所得が重要だ、と考えている証左です。

P.S 進撃の庶民OPができた模様

進撃の庶民OP

制作者:‟進撃の庶民”OP(非公認)を作ってみました。 | 門前小僧、習わぬ今日を読む
 公認でOKですヽ(=´▽`=)ノ@管理人に慣れない私

コメントを残す

  Subscribe  
更新通知を受け取る »
タイトルとURLをコピーしました