政治・時事

政治・時事

消費税増税の悪影響は日本に何をもたらすのか?むしろ消費税減税の議論をこそするべき理由とは

消費税増税の悪影響は多岐に及ぶ  今年は消費税10%への増税が予定されています。新元号には5月から切り替わるのだそうですが、新元号一発目が増税とはなんとも世知辛い世の中です。さて、この消費税増税、どのような悪影響があるのかをざっと見ていきたいと思います。 個人消費が抑制される  増税されれば...
政治・時事

2019大阪都構想、公明党の胸の内は?怒号飛び交う法定協議会と大阪維新の強引さ

法定協議会では怒号が飛び交ったらしい  本日は大阪都構想について少々。カテゴリの大阪都構想関連で、区割りや2015年大阪都構想などのことは書いておりますので、興味のある方はご参照ください。  さて、どうも大阪維新と大阪の公明党の決裂は決定的になったようです。怒号飛び交い決裂決定的に 大阪都構想めぐ...
政治・時事

EU離脱のスイッチングコストは莫大になりそうだ-イギリス議会のEU離脱案否決の意味

イギリス議会は政府が提示したEU離脱案を否決した  どうやら報道によりますと、イギリス議会はイギリス政府のEU側から飲まされたEU離脱案(※1)を否決したようです。ちょっと状況をおさらいしておきましょう。 2016年にEU離脱を巡る国民投票がイギリスで実施された。EU側はイギリスに対してEUを離脱...
政治・時事

大阪都構想で橋下徹が動き出す-市長・知事入れ替え案など子供だましの政治ショー

橋下徹が動き始める  大阪知事・市長入れ替えも 橋下氏、民放番組で発言(毎日)によりますと、橋下徹が大阪都構想住民投票に向けての大阪府知事、大阪市長のダブル選向けの発言をしているようです。引用します。 橋下徹前大阪市長は12日の民放のテレビ番組で、松井一郎大阪府知事と吉村洋文市長が任期満了前に辞職...
政治・時事

新元号アンケート最多は平和-平和主義は貧困への道的に言えば、つまり本能的に貧困を望む日本国民

新元号アンケート最多は平和だってさ  新元号予想、最多は「平和」…次代に願い託す(読売)という興味深い記事が出ておりました。引用しましょう。  新元号が改元1か月前の4月1日に発表されることが決まり、次の元号を予想するアンケートなどが注目を集めている。昭和から平成に変わる時の「自粛」とは異なる雰...
政治・時事

トランプは非常事態宣言を出せるのか?メキシコとの壁建設と目玉政策の成否とトランプ大統領の政権

トランプがなぜ非常事態宣言を出そうとしているのか?  毎度お騒がせなトランプ大統領ですが、今回はメキシコとの壁の建設を巡って非常事態宣言を出そうとしているようです。  ことのあらましを簡単に説明しますと、トランプ大統領が当選した目玉政策の1つはメキシコとの国境に壁を建設するものでした。つまりこの壁...
政治・時事

枝野幸男の不信任決議名演説-枝野幸男という政治家を見誤っていたかもしれない【再掲】

枝野幸男代表がぶちかました、素晴らしい演説  先日、内閣不信任案を提出し、その不信任理由を枝野幸男議員が2時間以上にわたって演説をしたのだそうなのですが、ソウルメイトさんの記事から紹介に預かり、そして演説を文字起こししております記事を全文を読みました。  この演説の文字起こしをされた方には、感謝の...
政治・時事

明治維新から保守源流を探る-明治維新とはなんだったのか?を明かさずに保守は語れぬ

日本の近代化の幕開けは明治維新?  本日は日本における保守思想の源流について探っていきたいと思います。保守思想とはご存知の通りイギリスの産業革命でイギリス社会が工業化し、グローバル植民地主義化していった中において生まれます。つまり近代化とともに生まれたのが保守思想であると言えます。これは必然でして、シュ...
政治・時事

再エネはガス火力を増大させる事実および、再エネや原発、蓄電池の検討【再掲】

原発の発電性質の一般論  まず原発という電力はベース電源と位置づけられます。ベース電源に現在の所なり得るのは原発、水力、石炭火力、ガス火力、地熱であろうと思います。ガス火力についてはベース電源の上部構造である調整電源としての性格が強いのですが、ベース電源としても活用は可能かと思います。石炭火力は調整能力...
政治・時事

大阪都構想では大阪は凋落するだけである-大阪復活の真の鍵は何なのか?

朝日の2017年の大阪都構想世論調査画像 年始の松井知事の会見と都市制度  年始早々に嫌な報道が飛び込んでまいりました。松井知事及び吉村大阪市長が「大阪都構想への決意表明」なるものをしたようです。 大阪の松井一郎知事が決意「都構想、必ず成し遂げたい」(産経)都構想住民投票「9月実施あり得ない」と吉村...
政治・時事

草食化といわれる若者だが、それは本当か?-社会システムの変遷と経済と環境

若者の○○離れは本当か?  最近は報道を見ておりますと時々、若者の○○離れなる言葉が報じられます。車、恋愛、結婚、飲み会、テレビからメディアなどによると若者が離れているのだそうです。しかしまず、劇的に1990年代以降から社会環境が変化してきたという土台を論じずに「若者の○○離れ」とさも若者が昔の人達と異...
政治・時事

働き方改革は世迷い言、儲からない企業で改革が進むはずがない-全ては財政出動からしか始まらない

働き方改革や女性の社会進出という「政治的世迷い言」  昨今は働き方改革やら女性の社会進出、そして海外人材の活用という世迷い言が叫ばれておりますけれども外国人労働者受け入れ世論調査でわかった、きわめて残念な企業の実態(ヤフー)によれば過半以上の企業はその体制ができていないのが実態とのこと。外国人労働者受け...