映画「カメラを止めるな!」の感想は低予算の娯楽大作!超面白い!

 映画「カメラを止めるな!」は2018年に公開され、社会現象と言われるまでにブレイクしました。

 「カメラを止めるな!」を視聴して「なるほどこれは面白いし、超面白いし、やっぱり面白い」と納得。ボキャブラリーが貧困になるほど面白いです。

 その面白さを伝えるべく感想を書きます。「カメラを止めるな!」はネタバレ厳禁なので、ネタバレ部分は改ページしますよ。視聴し終わった人はどうぞ。

スポンサーリンク

概要とキャスト

 「カメラを止めるな!」は監督も俳優も、映画がブレイクするまで無名だったそうです。

 「カメラを止めるな!」を最初に上映した映画館は2館だけ。制作予算もわずか300万円のインディーズ作品でした。

 しかし口コミで面白さが伝わり2館は連日満席。上映する映画館が増えていき、2018年の邦画興行収入ランキング7位で31億円の興行収入を記録しました。
 また国内・海外で数々の賞を受賞。

 主要キャストは以下の通りです。

役:日暮隆之/演:濱津隆之
 主人公の監督役。「速い・安い・そこそこ」をモットーに映画監督をしている。ワンカット生放送ドラマ「ONE CUT OF THE DEAD」の仕事を依頼される。
 妻と娘との3人暮らし。

役:日暮真央/演:真魚
 主人公の娘で大学生。父親と同じく映像制作の道に踏み出すも、こだわりが強くてなかなか上手く行かない。

役:日暮晴美/演:しゅはまはるみ
 主人公の妻で元女優。演じ始めると役にはまり込み台本無視や暴走をするため、業界を追放された。

役:松本逢花/演:秋山ゆずき
 「ONE CUT OF THE DEAD」のヒロイン役だが、事務所を理由にイヤな演技や演出は断る。「よろしくでーす」が口癖。

役:神谷和明/演:長屋和彰
 「ONE CUT OF THE DEAD」の男優役、イケメン俳優。演技にこだわりが強く、演出で監督と議論することもある。

あらすじ

 冒頭からのファーストカットは37分に及びます。

 廃墟でゾンビ映画の撮影をしている主人公一行。撮影は順調には進まず、監督もかなり切れ気味で松本逢花にダメ出しをします。

 ヒートアップしたところで撮影は中断。休憩が入ったと思ったらスタッフが次々とゾンビに襲われ、監督は「カメラを止めるな!」と狂気の撮影続行
 本物のゾンビに襲われているシーンを撮影し続けます。

 メイクさんと松本逢花、神谷和明はゾンビを突破して車に向かうもトラブルに巻き込まれ――。

 この映画のキャッチフレーズは「最後まで席を立つな。この映画は二度はじまる。」「無名の新人監督と俳優達が創ったウルトラ娯楽作」です。

 ファーストカットの37分が終わった後から、本当にこの映画が始まります。

「カメラを止めるな!」がブレイクした理由

 「カメラを止めるな!」がブレイクした理由はいくつか考えられます。

 ファーストカットはまさに低予算映画の違和感満載映像です。しかしその違和感はすべて伏線となり、2度目の始まりで回収されていくすっきり感、爽快感が半端ありません。

 伏線がすべてキレイに回収されるので、ネタバレしたくてもできません。当時のSNSでも視聴者は口をつぐみ、ネタバレはなかったそうです。
 秘密にされると見たくなる。そんな心理が「カメラを止めるな!」で働いたのでしょう。

 一方で芸能人やテレビ業界の人からすると「カメラを止めるな!」は、いわゆる「あるある」だそうです。「あ~それ、あるある」という共感が芸能人たちの琴線に触れて、面白い映画だとつい宣伝してしまったのでしょう。

 「秘密にされると見たくなる」「芸能人の共感を呼んだ」という2つのポイントが「カメラを止めるな!」のブレイクした理由かもしれませんね。
 もちろん単純に面白いのが最大の理由です。

 ここから先はネタバレ成分100%です。視聴し終わった人や、ネタバレを気にしない人だけ読んでください。

created by Rinker
¥330 (2020/10/24 07:51:17時点 Amazon調べ-詳細)
申し込む
通知する
2 Comments
一番古い
最新 投票が多い
インラインフィードバック
すべてのコメントを表示
阿吽
14 日 前

この映画はおもしろかったですねえ~~~・・ポンッッッ!!!