【日本初】ゲイが解説!アウティングの意味と深刻さとは?

 先日、以下のツイートをリツイートしました。

 筆者はゲイですが、アウティングという言葉になじみがありません。カミングアウトなら、耳慣れた言葉なのですが……。

 「アウティングって何だろう?」と調べて「これのことね」と納得。

 アウティングの意味と、アウティングをした側、された側のさまざまな問題点や深刻さを解説します。
 オープンにしているゲイが書くアウティング解説記事は、おそらく日本初でしょう。

スポンサーリンク

アウティングとは

 アウティングの意味とは、何でしょうか。筆者は最初「アウティング……無視のことやろか?」と勘違いしました。

アウティングの意味

アウティングとは、本人の許可なくセクシャリティを暴露すること。

 アウティングは主に、LGBTのセクシャリティの暴露を言います。

「この前、本人から聞いたんだけど、Aさんってゲイなんだって」
 こういった会話が、アウティングとされます。

 他にもLINEやTwitterなどSNSでの暴露も、アウティングに含まれます。本人の意図しないところ、許可のない人たちへのセクシャリティの暴露は、すべてアウティングと呼ばれます。

カミングアウトとの違い

 LGBT用語にはカミングアウトもあります。カミングアウトは本人が、人に自分のセクシャリティを打ち明けることを言います。

 カミングアウトは英語で「クローゼットから這い出る」的なイントネーションです。隠していたものを、恐る恐る出すというイメージでしょうか。

 アウティングとは、全くの別物です。

三重県でアウティング禁止条例の制定へ

 三重県はLGBTのアウティング問題に対応するため、条例を制定するようです。三重県いなべ市はすでにLGBT差別禁止条例で、アウティングの禁止を発表していました。

参照 三重県がアウティングの禁止などを含むLGBT差別禁止条例を制定へ

 一人のゲイとして、歓迎するべきなのでしょう
 しかし手放しでは歓迎できない、ナイーブな問題がたくさんあります

 このことは後述します。まず2015年に起きた、アウティングによる痛ましい事件を参照しましょう。

一橋大学アウティング事件

 2015年に起きた一橋大学アウティング事件は、一人の大学院生がゲイであることを、同級生にLINEで暴露されたことで起きました
 大学院生は学校の相談室に相談するも、性同一性障害のパンフレットを渡されるなど、理解と支援が受けられませんでした。

 最終的には校舎から転落し、自殺しました。

 もう少しかみ砕いて解説しましょう。

 大学院生Aは、同級生Bが好きだと告白。Bは「良い友達でいよう」と対応しました。しかし「お前がゲイであることを隠しておくのムリだ。ごめん(Aの実名)」とLINEに投稿し、LINEグループ10人弱にアウティング

 対してAは憔悴、精神を病んだとのことです。

 ……書いていて、筆者は泣きそうになります。
 自殺したAの気持ちはもちろんのこと、Bの「カミングアウトされて重い、誰かに相談したい。隠し事をしたくない」という気持ちも理解できるからです。

 あなたが当事者なら、どうしたでしょうか。

LGBTにもいろいろな考え方がある

 LGBTにも、いろいろな人がいます。考え方もさまざまです。

 当たり前ですよね、だってLGBTって単なるセクシャリティなんですから。「俺は男で、女が好きだ」「私は女で、男が好きよ」と同じライン上に「男だけど、男が好き」「女だけど、女が好き」があります

オープンLGBTは少数

 とはいえLGBTは少数派、いわゆるマイノリティです。ただでさえ日本は、同調圧力が強いです。マイノリティであることを公言するのには、勇気がいります。

 オープンにしているLGBTは、さほど多くありません。またオープンにする度合いも、本人や環境によります。

 例えば親しい友人や、家族にだけオープンにしているという人もいます。
 一方で筆者は「ん? そやで? ゲイやけど何か?」というスタンスです。

LGBTを公言しない多数

 LGBTは公言しない、隠している人の方が多数です。

 一部には「LGBTみんながオープンにするべきだ」と、考える人もいます。しかし筆者は、それは暴論だと思います。

 状況にもよりますが、隠していた方が無難です。波風も立ちません。公言しないのも、一つの選択だと思います。

アウティングの動機と問題

 LGBTからカミングアウトされて、アウティングしてしまう動機は何でしょうか? そしてアウティングして起きる問題とは、どのようなものでしょうか?

 傍観者ではなく、あなたが当事者だと思って考えてみてください。

告白されたら?

 あなたが同性から告白されたら、どう思いますか? とても真剣な、恋愛感情からの告白です。

 あなたが異性愛者なら、答えはほとんど一つでしょう。
「これからも良い友達でいようね」

 しかしそれだけで終わるでしょうか。

 自分が性的な対象、恋愛対象になっている。相手の気持ちを受け止めきれない。どうするべきか、誰かに相談したい。どう振る舞えばいい? 友人同士の集まりで、隠し事をしているようでイヤだ。ああ、誰かに話して楽になりたい!

 きっとこう思います。

 こうして悪意がなくても、アウティングするケースもあります。
 アウティングなしに、誰かに相談することは不可能ですものね。

秘密を漏らさないのは難しい

「人の口に戸は立てられぬ」

 昔の人は、上手いこと言うものです。LGBTがカミングアウトをしない理由も、まさにこれです。秘密は漏れるもの、そう考え恐れるからです。

 秘密が重ければ重いほど、漏れたときの衝撃は大きい。歴史が証明するとおり、秘密を漏らさずにはいられないのが人です。

悪意あるアウティング

 悪意のあるアウティングも、存在するでしょう。ホモフォビア――同性愛者嫌悪のこと――や、相手をおとしめたいと思っているなら、LGBTは格好の攻撃材料です。

 とはいえ、悪意のあるケースは多くないと思います。
 なぜならセクハラやパワハラと同じように、LGBT差別もダメという空気だからです。

 空気とは、良くも悪くも強く作用します。

アウティングは平等か侵害か

 ここからは、主観が強い文章になります。ゲイである筆者が感じたこと、考えたことです。

 アウティングは一般的に、プライバシーの侵害です。一人のゲイとしても、されるのは御免被りたいです。――まあ、筆者はオープンにしているので成立しないのですが。

 LGBT活動家たちは、LGBTに差別のない世界を! と訴えます。筆者もそういった世界を、望んでいます。

 一方で「あの人は異性愛者だ」と暴露することは、アウティングにはなりません。当たり前だからですよね。
 差別をしないなら「あの人は同性愛者だ」とアウティングすることは、平等な態度なのではないか? という議論があります

 しかし上記は、多数派、マジョリティの論理です。仮に差別が一切なくとも、マイノリティの悩みは尽きません。オープンにするかどうかは、個人の判断を尊重するべきです。

 「アウティングは極力、できるだけ控えるべし」が、本日の結論です。

ゲイの筆者がアウティングを考える

 わかるんですよね、アウティングしてしまう心理は。人は秘密を抱えるとき、その秘密の重さによっては押しつぶされていまいます
 抱えられる秘密の重さは、人によって異なります。

 あなたが会社や学校の同性から、告白されたらどうしますか? その秘密を、抱え込めるでしょうか。
 誰かに話してしまいたい! 楽になりたい! と思うのではないでしょうか。

 でも少しだけ考えてください。告白してきた彼、彼女はずっと一人で秘密を抱え込み、悩み続けてきました本当に、本当に重い問題なのです。

 思い出してください、彼、彼女は震えていませんでしたか? 泣きそうになっていませんでしたか?

 誰かに相談のためアウティングするなら、しっかりと人を選んでほしい。筆者はそのように切に願います。

 もしできるなら、カミングアウトしてきた本人に許可を取った上で相談するのが、もっとも適切でしょう。

まとめ

 アウティングはダメ! と押しつけるのはとても簡単。アウティングした人を責めて、批判するのも簡単。
 だって当事者じゃないんだもの! というわけ。

 この手の問題はあなたが当事者だったら? と、考えてみることが大事です。

 もちろんアウティングされるLGBTが一番被害を受けるので、アウティングはしてほしくない。それが本音です。
 漏らすにしても慎重に、ですよ。

 以下はLGBTに関して、知識を持っておきたいならおすすめの書籍ですよ。口コミと併せて紹介します。

LGBTについてちゃんと描かれているのはもちろん、LGBTにからめて進路や家族関係の悩み、友人関係での悩みや嫉妬など中高生のリアリティが詰まっている。

ステレオタイプじゃない。そして等身大の明るさがある。星5つです。すべての保健室がこうだったらいいのに。

Amazon口コミ

 「うちの息子はたぶんゲイ」は、ほんわか系のマンガ。「問題提起してやろう!」的な堅苦しさはないので、気軽に読めます。

 読んでいて「あるある」と、筆者はたくさん頷きました。以下は口コミ。

タイトルで手に取りにくい人もいるかもしれない。それでも。
この本で救われる子供が(大人も)たくさんいるだろうと思う。
LGBTであることの生きづらさを知ってもらうこと、LGBTが除外されている権利について声を上げること、そんなことと同様に、「こんな現実を生きているあなたの隣人が何百万人もいること」を知ってほしい。

久しぶりに、素敵な物を読んでしまったわ。

ゲイをホモだオカマだって馬鹿にするブスがいるけど、将来自分の子供がゲイだって分かった時、どうするつもりかしら?ブーメランよ、ブーメラン!

好きになった人同士が、普通に結ばれて、当たり前のように祝福されるような国に。
サッサとしなさいよ、べーやん?遊んでんじゃないわよ!

 個人的にも「うちの息子はたぶんゲイ」は、超おすすめ。

申し込む
通知する
0 Comments
インラインフィードバック
すべてのコメントを表示