Googleアドセンスのクリック率が平均より低い場合の解決法

 先日、政経コミュニティ「進撃の庶民」メンバーのuematuさんから、Googleアドセンスの相談を受けました。

 「Googleアドセンスの収益が伸びない!」と、悩んでいる人は多いはず。
 平均値や目標値を解説し、解決法を提示します。

 平均値やテクニックで出せる数値を知っておくと、目標設定ができます。知らないと、数値が低いことにすら気がつかない可能性も。

 uematuさんのみならず、Googleアドセンスで収益がいまいち伸びていない人は必見です。WebライターとしてSEOやマーケティング分野も手がけているので、そこそこ信頼性の高い解決法を提供できますよ。

スポンサーリンク

Googleアドセンスの用語と平均値

 最初に、自身のブログに設置したGoogleアドセンスの収益性が、低いか高いかを知りましょう。そのためには平均値や「これくらいはどのブログでも実現可能」という数値を、知ることが大切です。

 Googleアドセンスの、用語と平均値を解説していきます。

ページCTR

 もっとも大事なのがページCTRです。一般的な用語で言う、クリック率のことです。ブロガーがコントロールできる唯一の要素です。

 ページCTRは適切な配置なら、1%前後になります。0.5%以下なら低すぎる、と判断して良いでしょう。

 uematuさんにいただいた数字では、クリック率が非常に低いです。工夫次第で1%前後にまで、上げられるでしょう。

 解決法は後述します。

CPC

 CPCはクリック単価です。1クリックでいくら、という数値です。

 平均的なCPCは15~25円ほどと言われています。

 CPCはブログのジャンルや、広告主次第の部分が大きな要素です。金融や不動産、転職などの分野では高くなります。
 なお筆者のような、政治経済系のブログのCPCは20円弱、15円前後が多いようです。

 ――政治経済系ブログで、何を広告するか? ないもんね。パーソナライズされた広告しか掲載されないので、必然的に低めになります。

 ブロガーにはコントロールしにくい部分ですから、一桁台にでもならない限りは放置でOKです。

ページRPM

 ページRPMは、単にRPMと言われることもあります。
 1000pvあたりの収益性を、ページRPMは表わします

 ページRPM=CPC(クリック単価)×ページCTR(クリック率)×1000

 ページRPMの平均値は150~250円程度です。Googleアドセンスでは、ページRPMを一定以上に増加させるのは非常に難しいです。いくら頑張っても、おそらく500円が限界でしょう。

ページCTRの増加方法

 ページCTR(クリック率)はブロガーが、唯一コントロールできる要素です。

 ページCTRを向上させるため、3つの解決法を試しましょう。

①鉄板配置で様子見

 Googleアドセンスの鉄板配置は上から「記事上(目次下)」「記事中(2 or 3個目のH2前)」「記事下」「関連コンテンツ」です。

 優先順位は、以下のようになります。

  1. 記事下、関連コンテンツ
  2. 記事上
  3. 記事中

 記事下と関連コンテンツは鉄板、記事上はCPCが高めなので配置。省くなら記事中です。

 Googleアドセンスの配置に言及している100記事中、90記事以上が上記の配置です。マジ、鉄板。

②関連コンテンツは絶対に利用しましょう

 関連コンテンツは、Googleの関連記事を表示する広告ユニットです。

 Googleアドセンスの管理画面から「広告」「サマリー」「広告ユニットごと」で表示されます。
 関連コンテンツは一定以上、PVがないと解放されません。

 関連コンテンツが解放されているなら、絶対に利用しましょう。ページCTR激高、CPCはちょい低め。全体的に収益性が確実に向上します。

 当ブログでは関連記事を、関連コンテンツで表示するようにしてます。

③広告掲載の自動化をオンにする

 ベストな配置や広告の種類は、ブログによって微妙に異なります。基本的には、ABテストで向上させていくしかありません。
 とても地道で、面倒くさい作業です。

 面倒くさい人はGoogleアドセンスの、広告掲載の自動化をオンにしましょう。

 広告掲載の自動化の問題点は、意図しない箇所に広告が掲載されることです。この問題は、ある程度抑えられます。

 記事上や記事下、関連コンテンツなど「絶対に外せない箇所」は手動で広告を配置し、その上でジオン公国……じゃない、自動広告をオンにすればOKです。

 面倒な人は関連コンテンツ+自動広告だけでもOKですよ。

 基本的に、自動広告の方が収益性は上がります。Googleが勝手に、最適化してくれるからです。

当ブログの配置

  1. 記事上(目次下)に手動配置
  2. 記事下と関連コンテンツを手動配置
  3. サイドバーにも手動配置
  4. 広告掲載の自動化をオンで、スマホなら記事中にも広告が配置される模様

 現在はAmazonや、A8.netのアフィリも実験中。Amazonの書籍紹介は、収益性が低すぎると判明(笑)
 自筆の電子書籍でなんとかならないかと思い、現在執筆中です。

CPCの増加方法

 CPC(クリック単価)は、ブロガーにはコントロールしにくい部分です。上げようと思うと、ブログジャンルを変えるしかありません(笑)

 なお政治経済系ブログは、CPCが低くなります。そもそも政治経済系の広告って、ほとんどありませんから必然ですね。

 「いやいや、スマートプライシングでCPCも上下するはず」との反論があるかもしれません。

 スマートプライシングとは日本語で「需要連動型の料金システム」です。例えば金融や不動産、ヘルスジャンルの記事を書けば確かに、CPCは上がります。
 しかしジャンルを変えるくらいなら、そもそもさらに収益性の高いアフィリエイトをしますよね。

 CPCは一桁台にならない限り、気にしないでOKです。
 なおCPC一桁台なら、Amazonアソシエイトの方がマシな模様。

ABテストで最適化しよう

 Googleアドセンスの収益最大化は、ABテストで最適化していくしかありません。しかしABテストは、終わりがないのも事実。

 ページCTR1%前後、CPC20円前後なら及第点です。GoogleアドセンスでページRPM150~250円なら、およそ平均的な収益性です。

 かける労力に見合ったリターンが望めるかどうかも考えて、最適化していきましょう。
 1万pv/月なら、1500円~2500円ほどの収益が望めます。

 以下の書籍は、KindleUnlimitedなら無料で読めます。アフィリエイトやGoogleアドセンス、Amazonアソシエイト関連は、KindleUnlimitedで無料の書籍が多いので助かっています。

created by Rinker
¥990 (2020/09/27 16:06:11時点 Amazon調べ-詳細)
IT関連コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人

「難しいこともわかりやすく」政治・経済コラムをメインに発信。2019年まで16年間自営業→SEO/ウェブ制作/ウェブライター/進撃の庶民管理人などで活動中。
日本で数少ない現代貨幣理論の論者(MMTer)。
左右や保守・革新にこだわらず「庶民(自分含む)のためになる政治経済情報」をブログで掲載。
Twitterか右下ベルマークからフォローをお願いします。
政治ブログランキングで応援する

高橋 聡をフォローする
高橋聡オフィシャルブログ バッカス
申し込む
通知する
2 Comments
一番古い
最新 投票が多い
インラインフィードバック
すべてのコメントを表示
1 日 前

大変お世話になっております。
反逆する武士
uematu tubasaです。

記事を作成していただき、誠にありがとうございました。
※多忙故に御礼コメントが遅れてしまったことをお詫びしますm(__)m

以下、簡単ですが、拙ブログの現状についてご報告です。
1、Google Adsenseの広告掲載の自動化がオンになっていることを確認しました。⇒昨年から既に広告掲載に関しては自動化していたようです。

2、関連コンテンツの利用を開始しました。⇒全然手を付けておりませんでした。記事上と記事下に現在は表示されているようです。

3、ページCTRは1%から2%の間を推移していた
⇒ページCTRで表示される値の単位を勘違いしておりました。大変失礼致しました。

お恥ずかしいことですが、拙ブログのPV数が最近落ちているので、回復できるように頑張ります。

以上、取り急ぎご報告致します。