ひろゆき「それ、あなたの感想ですよね」を相対主義と弁証法から分析

 「それ、あなたの感想ですよね」は2ちゃんねる好きにとって、ちょっと懐かしいフレーズですよね。言ったのはそう、2ちゃんねるの創設者であるひろゆき氏です。

 議論厨は当時「それ、あなたの感想ですよね」と、こぞって使用していた記憶があります。ちょっとした流行語でした。

 この何気ないフレーズは、よくよく考えてみると示唆に富んでいます。哲学的な側面から、議論していきたいと思います。この議論、私の感想ですけどね。

スポンサーリンク

「それ、あなたの感想ですよね」の元ネタはひろゆき

 「それ、あなたの感想ですよね」は、2015年6月に放送された「ビートたけしのTVタックル」でひろゆき氏が発言しました。

 議題はネットの実名化でした。「それ、あなたの感想ですよね」は古谷経衡氏の発言へのツッコミです。

古谷経衡:僕はあの、「昔からバカな奴がいて、それが今可視化してきただけだ」っていうのは、僕間違いだと思いますよ。それは明らかに、インターネットの生放送とか動画によってユーザーを巻き込む形で、どんどんどんどん、その投稿者とかまあ生主とかいう人が快感を得ているので、僕はどんどんどんどん増えていってると思います。だから一定程度昔からいると思いますけど

ひろゆき:それ「明らか」じゃなくてあなたの感想ですよね?

「あなたの感想ですよね」と哲学

 「あなたの感想ですよね」発言は議論のやり方で、ちょっとした反響を呼びました。例えば以下の記事が、興味深い議論をしています。

それって、|YUTO- 現役高校生[毎日投稿中]|note
ひろゆきと相対主義と衆愚政治と 上の記事は、ひろゆきさんの「あなたの感想ですよね」という発言についてのものだ。 勝手に主張を要約させていただくと、 ひろゆきの「あなたの感想ですよね」って、それ言っちゃあさぁ。議論が進まないんだよなー。だってそれ2500年前に衆愚政治招いた相対主義ってやつだもんな ...

 概要は「ひろゆき氏の発言は相対主義」に対して、「ひろゆきの発言は相対主義ではない」との反論です。

 「それ、あなたの感想ですよね」を、哲学的側面から参照していきましょう。

「あなたの感想ですよね」は相対主義か?

 「あなたの感想ですよね」は、相対主義かそうでないのか? を考えるなら、相対主義への理解が欠かせません。

相対主義とは

 相対主義を乱暴に言うと、客観的事実など存在しない! という主義です。表現を変えると、どの観点からも真である命題などない、観点によっては偽になるはず、という考え方が相対主義です。
 「いかなる命題も、絶対的に正しいということなどない」が相対主義

 背が高い人がなぜ高いと認識されるかは、背の低い人がいるからです。日本人にとって背が高いと認識されても、オランダ人にとっては平均的な身長かもしれません。宇宙人からしたら、背が低いかもしれない(笑)

 背が高いのは何cmからか? という命題に真は存在しない、人によって変わるとするのが相対主義です。

「あなたの感想ですよね」のツッコミは普通

 ではひろゆき氏の「あなたの感想ですよね」は、相対主義でしょうか? 明確に否です。

 「あなたの感想ですよね」が相対主義であるためには、古谷経衡氏の主張が客観的データや事実、もしくは自明に基づいている必要があります
 なぜならそういった「どの観点からも真だと思えるもの」に対して、「いえ、この観点からは真じゃないですよね」と提出するのが相対主義だからです。

 古谷経衡氏の主張はデータや事実に基づいておらず、経験から来る主観と言えます。ひろゆき氏はそれを指摘しただけです。

 なおひろゆき氏の議論方法は、事実と主観を切り分ける傾向にあります。「どの観点からもほぼ真であること」が事実です。
 とすると事実を事実のまま扱うひろゆき氏は、むしろ相対主義と相性が悪いと言えるでしょう。

「あなたの感想ですよね」と弁証法

 ひろゆき氏と古谷経衡氏の議論は、弁証法的だったのでしょうか?

 弁証法は「レベルの高い議論に使用される」と言われます。つまり弁証法的だったかどうか検証すれば、議論のレベルが高いのかどうかが、わかるはずです。

弁証法とは

 弁証法は前提条件として、命題には矛盾が含まれていると考えます。美しい花も、ときが過ぎれば枯れてしまいます。「花は美しい」という命題の肯定がテーゼ、「枯れてしまう」という否定ないし矛盾がアンチテーゼです。

 テーゼとアンチテーゼを統合して考えることで、ジンテーゼに至るというのが弁証法です。ジンテーゼに至ることを、アウフヘーベンと言います。
 より高次の命題に辿り着くプロセスが議論である、と考えるのが弁証法です。

古谷経衡とひろゆきの議論を弁証法的に見てみると……

 ひろゆき氏と古谷経衡氏の議論のテーゼとアンチテーゼは何でしょうか? そもそも論ですが、テーゼとアンチテーゼはあったのでしょうか?

ひろゆき:昔からバカはいて、それがネットで可視化されただけ
古谷経衡:ネットというインフラでバカが加速している

 上記が両者の主張を端的にしたものです。可視化されただけなのか、加速しているのか? が最大の論点です。

 構造論としてネットは、情報インフラであり情報量と速度を加速させました。したがってバカも加速するのは、ほとんど自明です。
 加えて極論を言う人ほど、コメントが多いとの研究もあります。

 じつは古谷経衡氏の主張は、言い方を変えれば「感想ではなく事実に近いもの」として訴えられたはずです。
 ひろゆき氏の「あなたの感想ですよね」は、ある意味で逃げと言えなくもありません。

 なお弁証法的にはそもそも、「可視化された」「加速した」は反発しません。テーゼとアンチテーゼですらないので、弁証法的議論ではなかったと解釈できます。

 弁証法的だから議論のレベルが高いのか? という懐疑はあるものの、是だとすると「ひろゆき氏と古谷経衡氏の議論のレベルは高くなかった」と言えます。

「あなたの感想ですよね」が議論で強い理由

 議論で「それ、あなたの感想ですよね」は、かなり強力です。なぜならしっかりと議論をできる人は、かなり少ないからです。

 議論をするときにデータや事実に基づく人は、それほど多くありません。有り体に言えばデータや事実は、調べる労力が高いからです。

 加えて事実が自分にとって都合が悪いと、主観で事実を否定しようとするのが人間です。訓練を受けていない人間は、主観と事実の境目が曖昧です。
 いわゆる認知バイアスは、誰しも持っているものです。

認知バイアスとは (ニンチバイアスとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
認知バイアス(cognitive bias)は心理学用語の一種。人が物事を判断する場合において、個人の常識や周囲の環境などの種々の要因によって非合理的な判断を行ってしまうことを指す。 概要...

 さまざまなバイアスを、我々人間は持っています。したがって相当慣れている、訓練を受けているなどでないと、議論は主観を頼りにしがちです。

 よって「それ、あなたの感想ですよね」は、議論で非常に強力なのです。ただし使いすぎると、嫌われます(笑) 用法、用量を守ってお使いください。

なんだろう、まとめるのやめてもらっていいですか

 日本人の議論は「私も我々であり、相手も我々である。結論は全会一致が望ましく、よって我々は我々の中で違いを認めない」という空気があるように思えます。
 簡単に言えば「自分と相手が異なることが許せない」のです。欧米での議論は「自分と相手が異なるのは当たり前」が前提条件。
参照 日本の会議はなぜ”独り言大会”になるのか 欧米人の「議論」とは全然違うワケ | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

 日本人の議論は「自分と相手が異なるのが許せない」が先に来ているので、事実より主観を優先する傾向が強いのでしょう。

 ひろゆき氏のような「空気を読まない欧米型思考」からすると「それ、あなたの感想ですよね」というツッコミで騒がれるのを、不思議に思っているかもしれませんね。

申し込む
通知する
0 Comments
インラインフィードバック
すべてのコメントを表示