コロナ感染者数急増でも死者数が減る理由-本当にコロナは怖いのか

 新規感染者数が全国で600人を超えて、すわコロナ第二波か?! と騒がれています。「どこどこで何人が新規感染!」と、報道が張り切っていますよね。

 ところでコロナって、なんで怖いんでしたっけ? そう、病気が怖いのは死ぬからです。風邪はほとんどの場合、死なないから怖くないんです。

 そして報道では、一向にコロナの死者数が取り上げられません。なぜなら取り上げたら、ニュースになりませんものね。

 7月21日の死者数は3人と、7月に入って最近で最多でした! と報道しても、多分ニュース価値ありませんよね。

 感染者急増になぜか、死者数の増加が伴いません。むしろ死者数は減り続けています。この理由は何でしょうか?

スポンサーリンク

感染者数拡大でも死者数が減る不思議

 まずコロナ禍の現状確認をしましょう。

 第一波のピークは4月12日でした。新規感染者数は743人で、現在のところ最多記録です。第二波では7月18日が7月23日時点で最多となり、新規感染者数が659人です。

 第一波の死者数のピークは4月22日です。つまり新規感染者数のピークから10日後です。さらに第一波の新規感染者数の減少は5月半ばで、死者数の減少は5月下旬です。

 このことから新規感染者数と死者数は、10日~15日の間隔でリンクしていると思われます。

 第二波は7月6日に、250人ほどの新規感染者を出しています。ですからそろそろ、死者数が増加する”はず”ですが……一向に増加する気配はありません。
 7月18日の第二波ピークから考えて、一応7月後半から8月初旬まで警戒は必要でしょう。しかしやはり不自然なほど死者数の増加はなく、むしろ減っているとすら言えます。

 7月に入ってからの死者数の最大値は、1日3人です。最小値は当然ゼロ。

 この現象は日本だけかというと、そうでもありません。アメリカでも新規感染者数は拡大し続けていますが、反比例するように死者数は減り続けています。

なぜ感染者に比例して死者数が増えないのか?減るのか?

 新規感染者数が増えているのに、どうして死者数が減ったのか? その理由を考察してみます。ただし、筆者は専門家ではありません。考察への賛否は自己責任でどうぞ。

新型コロナの特徴

 今までわかっている新型コロナの特徴は、以下のようなものがあります。

  1. 若者の致死率は非常に低く、50代以下では0.1%程度?
  2. 70代以上の致死率は7人に1人で、14%程度と思われる
  3. 無症状であるケースが多い

 症状がなくてもコロナに感染していた、というケースは非常に多いようです。また無症状なため、そもそも検査しないケースも。よって新型コロナは、感染者数という母数の特定が非常に難しいのです。

日本の今までの対応

 日本の対応についても、特徴的な部分を踏まえておきましょう。

  1. 症状を自覚した重症になる可能性の患者のみ検査
  2. 初期の頃は検査数が少なく、現在は拡大している
  3. クラスター対策に重点を置いていた

 ……ところでクラスター対策って何だったのか、いまいちわかりません。誰か具体的に知っていたら、教えてください。

考えられる死者数が減った理由

 コロナの新規感染者数が急増しているにもかかわらず、死者数が減った理由は「検査数の拡大」ではないかと思われます。

 コロナは無症状者も多い。よって重症化する可能性のある人、自覚症状のある人だけの検査では感染者数の把握は不可能です。
 現在はコロナの検査を拡大しています。よってわんさかと、無症状者が新規感染者数に上乗せされます。

 実際に、日本のコロナ致死率は5%程度と言われていました。2万人の感染者数で、死者数が1000人弱だったからです。
 しかし現在、致死率は4%まで下落しています。死者数の上乗せがなく、感染者数がどんどん上乗せされているからです。

 このまま検査を拡大していけば、さらなる致死率の低下が起きるでしょう。

シンガポールでのコロナ感染者数と死者数の事例

 シンガポールは1日に、8000件もの検査が可能な体制です。シンガポールで検査を受けた人の割合は、10万人に対して2100人。アメリカが1600人、イギリスが1000人です。

 ちなみに日本は検査人数累計57万人ですから、人口で割ると0.45%となり10万人に対して450人です。

 シンガポールでは4万8000人強が感染し、死者数はわずか27人にとどまっています。2000人弱に1人の死者数であり、致死率で0.05%程度の数字になります。

 とにもかくにも、一定程度の正確な致死率を算出するために、正確な感染者数の把握は急務です。

コロナ報道は感染者数ではなく死者数に着目しよう

 日本では7月に入り、コロナの死者数が現在のところは最大で3人です。ところがニュースでは、新規感染者が拡大している! との報道しか流れません。

 コロナは専門家でも見解が分かれますから、その正体は未だに不明です。しかし検査拡大によってさらに、感染者数が拡大する可能性があります。
 そう、感染が拡大しているからではなく、検査を拡大したから見つかる事例が多くなっただけ……という可能性があります。

 しかもコロナは、無症状者が多い。とすれば「感染者数が確定しづらい」のがコロナではないでしょうか。

 よってコロナは、感染者数ではなく死者数で動向を見極める方がベターではないかと、筆者は判断します。

まとめ

 報道もヒステリックですが、SNSでもヒステリックな反応が目立ちます。すでに報道では、緊急事態宣言をするべき! という意見も散見されます。

 もちろんこれから、感染者数の増加に比例して死者数が増加してくるかもしれません。7月28日頃が、一つの判断基準になるでしょう。

 しかし感染者数だけを取り上げて、ヒステリックに騒ぎ立てる報道や主張は、どうも冷静さを欠いているように思えます。コロナは感染者数だけではなく、死者数にもしっかりと着目しましょう。

申し込む
通知する
6 Comments
一番古い
最新 投票が多い
インラインフィードバック
すべてのコメントを表示
Muse
15 日 前

>ところでコロナって、なんで怖いんでしたっけ? そう、病気が怖いのは死ぬからです。

いいえ、病気は死だけが恐ろしいわけでは断じてありません。病気に伴う肉体的苦痛や精神的不安、さらには経済的負担も重くのしかかるのであり、特に耐え難いほどの後遺障害がその後何年、いや何十年も続く場合は、まさに生き地獄であり、かえって死んだほうがましだと思う人が多いのではないでしょうか?

また、今回の新型コロナウィルスにしても、以下の記事にあるように、イタリアでは「退院して40日以上経っても半分以上もの患者が疲労や呼吸困難、関節痛、胸痛などの症状を3つ以上も抱えている。やはり肺に何らかのダメージを与えていることが想像される」とのこと。
https://omiyaever.jp/column/%E6%96%B0%E5%9E%8B%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9%E6%84%9F%E6%9F%93%E5%BE%8C%E3%81%AE%E5%BE%8C%E9%81%BA%E7%97%87%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6

それから、ネットやテレビニュースではよく、「症状は軽症」云々等の報道が見受けられますが、その”軽症”なるものの具体的な症状はさほど詳しく伝えられておらず、例えば、たとえ39°台の高熱があって息も絶え絶え状態でも他の症状がなければ軽症扱いとなるようです。さらに、今は軽症でも数日後には中等症や重症化するリスクが常にある。

ゆえに、新型コロナウィルスの脅威を単なる感染者数のみで判断するのは一面的であると同時に、逆に死者数が少ないからといって被害を過小評価するのも禁物。さらに言えば、たとえ現時点では死者が少なかったとしても、高齢者などの感染者数が増えれば、たちまち死者数は急増し、医療は逼迫して社会は大混乱に陥るでしょう。

Reply to  高橋 聡
14 日 前

小浜逸郎氏が三橋メルマガで、東京都の死亡者数の画像(添付しました)を紹介されています。

「 ピークは5月2日で15人、一番右は7月20日で1人です。なぜ今日は死亡者はありませんでした、とか、今日は死亡者は1名、84歳(?)の男性でした、とか正直に言えないのでしょう。 」

小浜氏は記事の中で、上記のような疑問を呈しておりましたが、これはそのまま、外食した際のオーナーシェフとの会話などで、私も毎日使っていました(笑)。

また、ヤフーのトップページから実際に検索してみると分かりますが、不慣れな者が最も重要なデータ「死亡者数の推移」(下記参照)に辿りづくのはそこそこ難しいです。

新型コロナウイルス 国内感染の状況
https://toyokeizai.net/sp/visual/tko/covid19/

やはりでテレビの責任は重いため、「昨日の日本の新規死亡者は1名でした。85歳のおじいちゃんです」といった具合に、現在の新規感染者ばかりの報道からそのように切り替えるべきだと思います。

まあ現時点では、コロナがどの程度の脅威性なのかわかりませんものね

う~ん、私の中では概ね結論(現時点での危険性評価)は出ています。ただ、これから当然変異したりだとか、日本を含めた東アジア周辺国への「ラッキー」が今度は通じなくなるだとかの可能性は残るため、そうなった時に評価や対策を見直して対応すべきだと思っています。

Reply to  高橋 聡
12 日 前

『新型コロナが弱毒化しているという根拠はない』
https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20200726-00189953/

こちらの感染症専門医の忽那賢志さんに記事が現状の説明としては、
一番、納得の行く内容だと思います。

コロナは遅れて死ぬ疫病ですので、現状での死亡者数が少ないから云々というのは、

言論活動を行う人間としては、慎むべき事柄だとは考えております。