アベノマスクとは?用語の意味を解説と国内・海外の反応をまとめた

アベノマスク サザエさん

 2020年4月1日に、アベノマスクという言葉が生まれました。アベノマスクとはなにか? アベノマスクという言葉が生まれた経緯は? などを解説します。

 またアベノマスクへの日本国内の反応、海外の反応もまとめました。

スポンサーリンク

アベノマスクとは?

 2020年4月1日に安倍首相が新型コロナ対策として、日本国内の全世帯に向けてマスク2枚を配ると発表したこと、ないしその政策。

 世界各国が休業補償や大型の給付金、経済対策を打ち出す中でマスク2枚と自慢げに発表したことで、日本国内のみならず世界中がずっこけました。一部ではエイプリルフールでは? との声もあったが、残念ながらアベノマスクは嘘やジョークではありません。

 アベノマスクに対してネット上では「たったマスク2枚?」「遅い、しょぼい」などと批判が殺到し炎上。誰が言い出したのかわかりませんが、いつの間にかアベノマスクと揶揄されました。

アベノマスクへの日本の反応

日本国内のメディアや報道の反応

 日本国内ではネット上のみならず、報道でもアベノマスクが頻繁に使用されています。報道のヘッドラインを、いくつか参照してみましょう。

  • 安倍晋三首相が着用の「アベノマスク」、布製から不織布に変わる
  • マスク配布「竹やりで戦うようなもの」 想定外の反応、戸惑う政権
  • 安倍首相「不安を解消」アベノマスク批判も自信満々
  • ネットもあきれた天下の愚策『アベノマスク』数百億円使ってこんなことしか思いつかないのか
  • マスク2枚配布で「アベノマスク」がトレンド入り 志らくも「B29を竹槍で…」

 新型コロナとマスク2枚ということで、戦時中のB29と竹槍が連想されるようです。

Twitterのアベノマスクへの反応

アベノマスクへの海外の反応

 アベノマスクは海外からも失笑を買っている、といわれています。報道のヘッドラインを抜き出してみました。

  • From Abenomics to Abenomask: Japan Mask Plan Meets With Derision
    Google翻訳:アベノミクスからアベノマスクへ:日本のマスク計画はうそつきと出会う
  • Anger as Japanese Prime Minister offers two cloth masks per family while refusing to declare coronavirus emergency
    Google翻訳:日本の首相としての怒りは、コロナウイルスの緊急事態を宣言することを拒否しながら、家族ごとに2枚の布マスクを提供しています

 ブルームバーグは「安倍首相がマスクを配って失笑を買う」、フォックスニュースは「エイプリルフールでは? と受け止められている」と報じました。

 日本の安倍首相の『マスク二枚』配布計画、アベノマスクに対する海外の反応| かいこれ! 海外の反応 コレクションでは早速、アベノマスクに対する海外の反応もまとめられています。一部、引用してご紹介します。

シンガポール政府も再利用可能なマスクを各家庭に4枚配布することを発表したばかりだけれども、日本ならもっとちゃんと対応できると思ったらこれですか。

Daily?
(1日当たり2枚だよね?)

マスク配布に反発って…… 日本が過去3か月間にわたってオリンピック開催のためにウイルス検査をしてこなかったという事実に対する反発はないのか? 日本のCovid-19による66人の死亡はほぼ1か月間変化しなかった。これは統計的にありえないことだ。

アベノマスクからわかる安倍政権の本質

 人間は往々にして、崇高な理想を語ることより、普段の何気ない仕草や言動に本質が現れているものです。政治だって一緒です。アベノマスクには、安倍政権の本質が現れています。

 どのような本質か?

  1. 全くぶれずに、ケチで緊縮財政路線
  2. 現状を放置して、時間が解決してくれることを期待している
  3. 自慢げに発表する政策は、およそ碌でもないか役に立たない

全くぶれずに、ケチで緊縮財政路線

 安倍政権で予算額が増えた! だから緊縮財政ではない! という主張がときどき見られます。しかし予算の絶対額だけで判断できるものではありません。

  1. 緊縮財政、つまり政府支出が足りているかどうか? は、デフレかインフレか? で判断される
  2. 増税で国民負担も増えている
  3. 安倍政権で新規国債発行額は減少している

 なにより新型コロナ対策で、全世帯にマスク2枚というアベノマスクが、ケチで緊縮財政という特徴をよく表しています。

現状を放置して、時間が解決してくれることを期待している

 モリカケ問題や桜を見る会などで、安倍首相や安倍政権は遅滞戦術をとっています。簡潔に言えばできる限り放置して、時間が解決してくれる=国民が忘れることを期待しています。

 実際問題、国民はポンポン忘れます。都合の悪いことは放置して、蒸し返さなければなかったことになっています。また放置していれば、状況が好転することもたまにあります。その場合は、自分たちの手柄にすればよいわけです。

 新型コロナで2ヶ月がたち、ようやく出てきたのがアベノマスクというのも、現状を放置して好転するのを期待していたのではないでしょうか。

自慢げに発表する政策は、およそ碌でもないか役に立たない

 安倍政権の鳴り物入りの政策は、およそ碌でもないか役に立たないかのどちらかです。例えば北方領土問題を我々の世代で解決する! と息巻いていましたが、結末はロシアに対する日本の一方的な譲歩。

 北朝鮮問題にしても、取り組む気配すらなく1㎜も動いていないようです。
 就職氷河期世代支援についても、もはや風前の灯火。元々予算規模は、全く足りなかったことも影響しています。

アベノマスクまとめ

 新型コロナは日本でも、猛威を振るい始めています。海外で感染拡大して、日本だけ封じ込めに成功するなどという、都合のよい展開になる可能性は非常に低いでしょう。

 東京や大阪で連日、週末や夜の外出自粛が呼びかけられています。バーやクラブに遊びにいかないで、というような呼びかけもあるようです。
 知事や首相の呼びかけは、多くの国民の行動に影響を与えます。自粛要請を受けて、多くの外食産業やナイトレジャーは、売り上げが激減しています。

 しかし自粛とセットの補償は、マスク2枚というお粗末さ。アベノマスクへの批判や冷笑は、こんな政府を長期政権としている日本国民自身に、向けられたものかもしれませんね。

申し込む
通知する
2 Comments
一番古い
最新 投票が多い
インラインフィードバック
すべてのコメントを表示
黄昏のタロ
6 月 前

お邪魔いたしますです。

 支持率が上がりそうな予感がするです。判官贔屓かなと感じました。

 マスクは酷すぎて、何がどう酷いのかが語られない批判が多くなります。批判する側は当たり前のことを、理由をはしょって批判しているだけです。
 反対側から見ると、さしたる理由もなく批判してるようにしか見えない可能性があります。因縁や難癖と変わりないように見えてしまいます。

 対話不能な方々の理由無き批判は、誰の目にも不快なのではないかって考えてるです。理由無き批判は、いじめなどと似た構図にも見えてしまいます。
 判官贔屓に繋がるのかなと思ったです。