大阪都構想2020の住民投票はいつ?住民投票の行方を大胆予想

 大阪都構想2020の住民投票は、2020年11月上旬に予定されています。

 大阪都構想は大阪維新の会や公明党の動きがややこしく、なぜ住民投票が11月に決まったのか? 知らない人も多いのではないでしょうか。
 ざっと大阪都構想の概要と歴史を振り返りつつ、最後には大胆に大阪都構想の行方を予想します。

スポンサーリンク

大阪都構想住民投票に向けて緊急拡散!

 冒頭から申し訳ありません。大阪都構想反対派のあなたに、緊急拡散のお願いです。

あかん!都構想 特設ページ | れいわ新選組
あかん!都構想 特設ページ チラシ あかん!都構想のチラシができました。A4サイズの両面になります。ぜひSNS等で拡散をお願いします! PDFのダウンロード ・カラー・モノクロ ※クリックするとファイルが開きます。 セブンイレブン ネットプリント 【カラー版】予約番号 : 00624963用紙サイズ : A4 ページ数...

 れいわ新選組が大阪都構想反対のチラシを作りました。A4サイズです。
 あなたの力が反対を後押しします。ぜひ、拡散をよろしくお願いします。

 ――拡散の際に、当ブログの大阪都構想関連の記事もご利用ください。

大阪都構想のこれまでの動きの概略

2008年1月 橋下徹が自民・公明の支援を受けて大阪府知事に初当選を果たす

2010年4月 当時の平松大阪市長と対立を深めた橋下徹は、大阪都構想を掲げて大阪維新の会を立ち上げる

2011年11月 大阪ダブル選で橋下徹が大阪市長、松井一郎が大阪府知事に当選

2014年10月 大阪市議会で大阪都構想の協定書が否決される

2014年12月 衆院選で大阪維新の会が、大阪府で最多の比例票を獲得。公明党が世論に押されて、住民投票への協力を表明

2015年1月 京都大学の藤井聡教授が大阪都構想反対を表明。学者や野党が共同で、大阪都構想への反対運動を展開する

2015年5月17日 大阪都構想の住民投票。1万741票差、わずか0.7ポイント差で大阪都構想が否決される。橋下徹は政界引退を表明

2015年11月22日 大阪都構想再挑戦を掲げた大阪維新の会が、ダブル選で知事、市長ともに当選し勝利

2017年4月 大阪維新の会と公明党が、水面下で大阪都構想の住民投票について合意書を交わす

2019年3月 住民投票の実施時期をめぐり、大阪維新の会と公明党が決裂

2019年4月7日 大阪ダブル選と地方統一選で、大阪維新の会が勝利。後日、公明党は大阪都構想に賛成の立場で大阪維新の会と協議することに合意

2019年12月26日 法定協議会で制度設計の大枠が了承される

2020年11月上旬 大阪都構想の住民投票を実施予定

2023年 大阪府が大阪都に名称変更するための住民投票を実施?

2025年 大阪市を廃止して特別区に移行?

大阪都構想1度めの住民投票の内容と結果

熱狂と熱気に包まれた大阪

 筆者は当時、大阪市に住んでいました。その熱気と熱狂、盛り上がりは肌で感じることができるくらいのものでした。飲み屋でも大阪都構想の話が、ちらほら聞かれるくらいです。

 大阪都構想の善し悪しは置いても、非常に盛り上がっていたのは間違いありません。

嘘とデマの飛び交う大阪都構想

 大阪都構想の住民投票前は、嘘とデマが大阪を覆いました。驚くことに当時、大阪都構想が大阪市を解体することすら、周知されていなかったのです。

 また大阪維新の会は自分たちの功績を、過大に喧伝する傾向にありました。教育費や有効求人倍率、大阪市の借金などの詐欺パネル問題などです。
 一般的な大阪市民は、何が本当で何が嘘かの見極めに苦労したに違いありません。

1万741票差で否決される

 結果として大阪都構想は、住民投票で1万741票差、0.7ポイント差で否決されました。この結果を受けて大阪都構想の住民投票を、シルバーデモクラシーと批判する動きも出ました。

 シルバーデモクラシー批判が間違っていることを、端的に解説しておきます。出口調査で当日の投票結果を年代別に取り上げて「若い人は賛成が多かった! しかし高齢者たちの反対票で否決された!」と言いますが、期日前投票では全年代で反対票が優勢でした。

 有権者数210万人で投票率は67%ですから、投票者数は140万人ほどです。期日前投票は36万人でした。投票者数の25%強に当たります。
 高い投票率と期日前投票の結果などを加味すると、シルバーデモクラシーという批判は的外れでした。

大阪都構想2020は可決か否決か大胆予想

 大阪都構想2020は可決されるでしょうか? それとも否決されるでしょうか?

 結論を先に述べると、可決される可能性が高いと言わざるを得ません。なぜなら2019年4月大阪ダブル選、地方統一選で大阪維新の会が勝利しているからです。

盛り上がらない大阪都構想2020

 大阪都構想関連の報道は、現時点ではかなり少ないのではないでしょうか。大阪の空気も、大阪都構想での盛り上がりは見られません。むしろ2度めで、白けているとすら表現可能です。
 また住民投票まで半年以上あります。間近になれば変わるかもしれませんが、現時点では盛り上がっていません。

コロナウイルスで消えたカジノ疑惑

 カジノ法案で国会議員が逮捕されました。これを受けてツイッターでは、カジノに積極的な大阪維新の会に飛び火するのでは? との予測も流れました。

 しかしコロナウイルス騒動で、ほとんど話題にならない日が続いています。

大阪都構想は可決優勢な情勢

 大阪都構想に関する大きな動きもないので、大阪都構想の世論調査も行われません。最新の世論調査は、2019年のものです。

 2019年の世論調査でも、大阪都構想は賛成が反対を上回っています。賛成が4割に対して、反対は2割強です。

 これらの状況を加味しますと、大阪都構想は可決が優勢と予測せざるを得ません。

大阪都構想の住民投票の行方は、大阪市民の双肩に

 大阪市を解体するのかしないのか? 住民投票の結果は、大阪市民の投票行動次第です。なお大阪市を解体すると、二度ともとには戻せません。なぜなら特別区を市にする法律は存在しませんし、一度分断されたものはなかなか1つにまとまりにくいからです。

 大阪市が解体されるのか、それとも存続するのかは大阪市民の双肩にかかっています。

申し込む
通知する
3 Comments
一番古い
最新 投票が多い
インラインフィードバック
すべてのコメントを表示
7 月 前

#住民投票 の結果は、#大阪市民 の投票行動次第です。なお #大阪市 を解体すると、二度ともとには戻せません。なぜなら #特別区 を市にする法律は存在しませんし、一度分断されたものはなかなか1つにまとま… https://t.co/eawh9dkvmQ

7 月 前

とても参考になる、客観的で分かりやすい記事だと思いました。