感染拡大中!ネトウヨ有名人・芸能人まとめ-ネトウヨビジネスに首ったけ

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 こんなにもいる? と思うほど、ネトウヨの有名人・芸能人が拡大中です。ヘイト発言や過激発言で炎上して、休刊になったり雑誌や番組を降ろされたり。それでもネトウヨ有名人・芸能人は増えていきます。

 いったいその理由は何でしょうか? ネトウヨ有名人・芸能人を紹介しながら分析します。

スポンサーリンク

ネトウヨと思われる有名人や芸能人

百田尚樹

 ネトウヨ言論人、有名人といえばまずは百田尚樹氏でしょう。著書の日本国紀ではウィキペディアからのコピペ疑惑が噴出し、以下のように逆ギレしました。

朝日新聞が『日本国紀』を執拗に攻撃する理由はよくわかる。12章~終章には、朝日新聞の悪行を書いてあるからだ。日本の戦後史における朝日の罪状をあそこまで書かれたら、朝日としては『日本国紀』を葬り去ろうとするのも当然だろう。で、コピペでもないものを「コピペ疑惑」として報道。

 しかし顛末は「第5刷以降でコピペ指摘の箇所を大幅修正」とのこと。
参照:「 #日本国紀 」第5刷でこっそり大幅修正、「法的措置」「多額の賠償」と脅していたコピペや誤りの指摘は事実でした | BUZZAP!(バザップ!)

小藪千豊

 ネトウヨ芸人として、絶賛売出し中の小籔千豊氏。公文書改ざん問題で番組(バイキング)出演時に「安倍政権ばかり批判されるのはおかしい、野党も批判しろ」という、どっちもどっち論で安倍政権擁護に走りました。

 それ以前にモリカケ問題で出演し、教育勅語を擁護した発言で炎上しました。

田崎史郎

 安倍政権を擁護する御用ジャーナリストといわれる人は、何人もいます。その中で必ず名前が上がるのが三浦瑠麗氏、田崎史郎氏の2人でしょう。安倍総理との会食で寿司を食べていたことから、田崎スシローとの異名もあります。

 権力に近く、安倍政権擁護をするネトウヨ好きすることから、ネトウヨ芸能人の一角でしょう。

高須克弥

 高須克弥氏もかなり有名な、ネトウヨの1人です。高須クリニックの院長であり医療法人社団福祉会理事長も努めています。またタレントとしても活動してます。

 数多くのネトウヨ発言、ナチス賛美などで炎上することも。本人も2018年に「炎上上等」という著作を出しています。

竹田恒泰

 ネトウヨ評論家として地位を築いた竹田恒泰氏は、旧皇族の玄孫でもあります。ネトウヨにお墨付きを与える、権威として評価されているのだとか。

 ヘイト発言が動画内にあったとして、You Tube春のバン祭りでチャンネルが停止、アカウント削除に。本人は「そんな発言は動画内になかった」としていますが、いろんな方から「いやいやいやいや……」と突っ込まれる羽目に。

芸能界でもネトウヨ拡大中だがイデオロギーなどない

 ネトウヨ感染者は近年、拡大しているとの説もあります。芸能界や言論界において、確実にその人数は増加しています。

 古谷経衡氏は元ネトウヨ言論人であり、現在はどちらかと言えば左派と目されます。なぜ左派と目されるかと言えば、ネトウヨ分析がネトウヨ受けしないからです。

 古谷経衡氏によれば、ネトウヨ系言論人などは完全にビジネスのようです。著作「愛国奴」はネトウヨ・保守界隈のビジネスを小説として書いた本です。どうもネトウヨ系言論人は、ネトウヨ発言をビジネスとしているようです。

 おそらくネトウヨ系になった芸能人、有名人も同じではないでしょうか。

ちゃんと勉強しての発言かと思ったら、誰も何も知らない?

 古谷経衡氏によれば、ネトウヨ系言論人の知識は「虫食い」とのことです。第二次世界大戦や、戦後の動乱期の在日朝鮮人については詳しいが、日中戦争や戦後史には無知。日本は2000年続いている国と主張しても、体系的な日本の歴史についての知識がないのだそうです。

 例えば小藪千豊氏は、教育勅語発言で炎上しました。しかし小藪千豊氏は本当に「国家尊像の際に、天皇のために身命を捧げよ」という箇所を知らなかったのではないでしょうか。

 筆者は教育勅語について、肯定も否定も特にしてません。ただ「今さら教育勅語って……時代に合わないのでは?」とは思います。

社会的地位が高いのになぜネトウヨになるのか?

 昨今のネトウヨの調査、統計では「ネトウヨは必ずしも、低所得なオタクではない」と判明しています。むしろ社会的地位が高い、管理職なども多いのだとか。

  1. 失われた20年で日本は自信喪失した。その反動で「日本はすごい!」と思い込みたい
  2. 凋落する現実がしんどくて、思考停止している
  3. 凋落や没落、停滞が自分たちのせいだとは思いたくない。責任転嫁したい

 上記の3つが理由なのではないか? と筆者は考えています。もちろん統計的に、上記を明らかにすることは不可能でしょう。

 では芸能人や有名人は、どうなのでしょう。

嫌韓・嫌中ブームにちゃっかり便乗?ネトウヨビジネスがおいしいのか?

 ネトウヨウケる発言をすれば人気が出るという「ビジネス上の理由」が、芸能人や有名人がネトウヨに走る理由ではないでしょうか。

 もう1つの理由としては、情報化社会の弊害と言えます。情報化社会は知的層も、知的ではない層も一緒くたにします。情報が玉石混交になるわけです。
 ではどれが宝で、どれが石か。判断するにも知性が必要です。

 以前は新聞などの限られたメディアだったために、フィルター機能が働いていたと考えられます。ベクトルが操りやすいなどの弊害はあったでしょう。しかし情報がある程度、粒が揃ったものになっていたのも事実です。
 フィルター機能がなくなり、一般の方のみならず有名人や芸能人までネトウヨ化していると考えられます。

ネトウヨ有名人・芸能人と情報リテラシー

 ネトウヨ有名人・芸能人のもっとも厄介な部分は、彼らの発言が一般人に「あ、そうなのかなぁ?」と思わせる力があることです。

 基本的自情報は、論理性や整合性で判断されません。イチイチそんなことを考えていたら、しんどいからです。したがって世間の大半の情報は、印象で受け止められます。よって発信する人の信頼度や権威性、人気がもっとも物を言います。
 したがって芸能人や、有名な言論人がネトウヨになるのは「非常に厄介な事態」です。

 情報が玉石混交になる中、ますます情報リテラシーが求められる時代です。

5
コメントを残す

2Comment threads
3Thread replies
0Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
3Comment authors
  Subscribe  
新しい順 古い順 最も評価の多い
更新通知を受け取る »
阿吽

>古谷経衡氏によれば、ネトウヨ系言論人などは完全にビジネスのようです。

>「AIが発達しても、変わりません」はニュースになりません。驚きもニュース性もないからです。ですのでマスメディアはAIを報じるときに「AIに仕事が奪われる! 大変だ!」と報じます。これは偏向報道というより、単に「商売としてそっちのほうが、売れるから」です。
>買う人は? 国民であり、消費者です。要するに「ショッキングじゃないと売れない=国民がそれを求めている」のです。
(上記引用は別記事から)

ネトウヨ言論人も、そういう意味(ビジネス・商売として売れるように刺激的に発言する)ではあんまりマスコミと変わらないですかね。

マスコミをマスゴミと非難しながら、そのくせやっていることはそのマスゴミの劣化版コピーじゃあ、酷いもんですね・・。(しかも、マスコミよりも情報ソースが酷いものも多数)(Wikipediaのコピーを本にしちゃったのはさすがにまずいでしょうねw)

ネトウヨ発生初期は、二言目にはソースは?ってやってたような、ハン板なんかではそんな印象もありますが・・、今は、そんなことは気にする人は少ない感じですね・・。(こういうことも、もしかしますと、ネトウヨのビジネス化とも関係性が出てくるものなのでしょうかね・・?)

黄昏のタロ

お邪魔いたしますです。

>「社会的地位が高いのになぜネトウヨになるのか?」

 レベルの低い、いわゆる「パヨク」を叩く遊びのようにも見えてしまいます。マウントを取る遊びかな。

>ちゃんと勉強しての発言かと思ったら、誰も何も知らない?

 否定や叩く目的で言うのなら、知ってる必要すら無いのかもです。違和感で見切り発車なのかもです。

 なんとなくネトウヨ発言が感情のはけ口になってそーな気がするです。

黄昏のタロ

奇跡の経済教室【戦略編】を読了したです。

右・左・グローバル化の二軸四元。
ネトウヨ・パヨク・対話不能の二軸四元。
相似なのかなと感じましたです。

 そんな感じで発達障害説や境界知能説も低確率で混ざってるんでしょうね。

 ちなみに。
「ホムルズ海峡」「イージスアショワ」
などで検索してみると、対話不能なんだろうなって書き込みに満ち溢れるブログに巡り会えます。プロフや記事に当人が発達障害と書かれているのを発見してるです。

タイトルとURLをコピーしました