2019年の景気後退とアベノミクスの真実-またデフレがやってくる?

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 前々より、アベノミクスは外需頼りと指摘してきました。
 2019年の世界経済の不透明性は、外需頼り日本経済に打撃を与えます。

 日本経済は2019年Q2から、すでに景気後退の兆しが「十二分に」ありました。政府は消費税増税直後に、景気後退を白状したようです。

 アベノミクスとは、なんだったのか? 結論を言えば「日本の外需依存度を上げた」以外は、なにもしていません。
 日本は2020年から、再デフレ化すると予測されます。

 数字からアベノミクスを見直し、解説します。

スポンサーリンク

アベノミクスで失業率は低下したは、嘘です

 アベノミクスの代表的な成果は、失業率の低下と言われます。

日本の失業率の推移グラフ

 日本の失業率の低下は、2010年からのトレンドです。アベノミクスで加速はしてません。
 2008年のリーマン・ショック後、2009年に失業率は増加します。
 その後に民間の自立回復で、失業率は改善したに過ぎません。

 またGDPの増加に比して、個人消費は伸びてません。詳しくは後述しますが、GDPの伸びを1とすると、個人消費の伸びは0.55です。
 実質賃金はアベノミクスが始まり、マイナス5%となっています。

 「失業率が低下したから、実質賃金も下がった」とする反論があります。これは明確な間違いです。
 2018年と2019年で失業率は、ほぼ変わらないと推定されます。
 しかし2019年は、8ヶ月連続の実質賃金マイナスです。年率換算で1.1%のマイナスとなります。
 失業率と実質賃金に相関がない、もしくは低い証左です。

 アベノミクスは詭弁と嘘に満ちていると、解釈せざるを得ません。

データから見るアベノミクスの真実

 より詳しいデータを見ていきましょう。といっても、難しいデータではありません。

  1. 個人消費(家計最終消費支出)の寄与度とデータ
  2. 実質賃金の推移
  3. GDPの推移

 これだけです。データの選択目的は「アベノミクスで、国民が豊かになったかどうか?」です。

アベノミクスで外需依存の経済構造に

 このデータは2016年までしか、まだグラフ化されていないようです。

 安倍政権は2013年から、データになります。
 2013年はアベノミクスで唯一、積極財政をした年です。家計最終消費支出(個人消費)が、景気を大きく押し上げました。
 2014年は、消費税増税の年です。
 そこから個人消費は、弱い動きになります。
参照:焦点:GDPから透ける外需依存の脆弱さ、大型対策実施の根拠に – ロイター

 アベノミクスのGDP増加は、外需増加が大きかったのです。

アベノミクスでGDPの増加は年間にどれくらい?

 安倍政権は2012年の終わりに成立しました。2013年からのデータでは、GDPは36兆円(2018年)増加しました。年間に、6兆円の増加です。
 同ページのGDPデフレーターでは「デフレすれすれ」です。

アベノミクスで個人消費は弱くなった

 見ずらいですが、2013年Q1からの数字です。
 2013年の個人消費が286兆7千億円(グラフ一番左)です。2018年Q4が298兆4千億円(グラフ一番右)。12兆円弱ほど増えました。

 個人消費はGDPの、約6割です。
 GDP36兆円増加、個人消費は12兆円弱増加。

 6割の「本来の増加」なら、21兆6千億円の個人消費増加だったはずです。
 実際には「本来伸びるはずの額」の55%程度です。

アベノミクスで5%以上の実質賃金が下がった

 2013年8月から2019年8月までで、実質賃金がプラスだった月は僅か25ヶ月/73ヶ月中です。
 こういうとすぐに「失業率が下がったから、実質賃金が下がった」という反論があります。

 2018年と2019年の推定失業率は、ほぼ同一です。しかし実質賃金は1.1%(年率換算)下がりました。
 これをどう説明するのか?

頼みの外需は咳をした。日本はデフレという肺炎に備えよう

 世界の経済成長率は、3~4%程度です。先進国は低くなるとはいえ、アメリカで2~3%、イギリスも同程度です。日本はアベノミクスで、平均1%程度。
 思わず「やったねアベノミクス!」と、皮肉の1つも言いたくなります。

 ついに景気悪化を認めた内閣府、消費増税後に「春から不況だった」と示唆するズルさ=斎藤満 | マネーボイスによれば、政府は景気後退を認めたようです。
 数字的には、今年の春からだそうです。

 アメリカの景気拡張もいよいよ終わりなのか |東洋経済オンラインによれば、アメリカはまだ「景気拡張が終わった」段階だそうです。

 外需頼みのアベノミクスの成果は「アメリカが咳をすれば、日本が肺炎になる」でした。

アベノミクスの真実の姿

 アベノミクスには、手柄がありませんでした。データで見てきたとおりです。国民を豊かにはしなかった。
 むしろ日本の経済構造を、韓国と同じく「外需頼み」にしたのです。

 失業率の低下は、アベノミクスの成果ではありませんでした。しかし安倍政権は、失業率の低下を声高に喧伝します。

 アベノミクスとは「自分の手柄でもないものを、自分の手柄のように振る舞うこと」でした。そして「都合の悪いものは、シレッとあとから発表すること」でもありました。

 言行不一致、手柄の横取り。これこそが「アベノミクスの真実」だったのです。

何にもしないアベノミクスで、景気後退が始まった。再デフレが来る

 日本の景気は外需頼り。世界経済が不透明なら、日本経済がもっと不透明になるのは自明です。積極財政は、今のままでは望めません。

 安倍政権もアベノミクスも、クチだけでした。「機動的かつ万全な対応」などは、あり得ません。

 デフレが来ます。当然、景気後退もします。

 世界経済が奇跡的に良くならない限り、この予測は当たるでしょう。

 さらに予言しておきます。10年後に日本国民は、安倍政権を小泉政権と同じく「ダメだった」と言うでしょう。
 そして同じような性質の政権を、またも熱狂的に支持します。

 この予言が当たらぬことを、祈念します。

 アベノミクスを知りたい方は、上記もご一緒にどうぞ。

コメントを残す

  Subscribe  
更新通知を受け取る »
タイトルとURLをコピーしました