ポストトゥルースの時代、ネトウヨやネット世論の嘘とデマ拡大の理由

この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 ネットが我々の生活になじんで、もう十数年がたとうとしています。総務省|平成29年版 情報通信白書|インターネットの普及状況によれば、平成29年のネット普及率は83.5%だそうです。

 ネット上ではしばしば、マスメディアの嘘が指摘されますが、ネット上のデマや嘘のほうがはるかに多い、というのは事実でしょう。
 特に政治や思想の分野では、この傾向が顕著なように思われます。

 なぜネット上では、デマや嘘が多いのか? その要因について、分析してみたいと思います。

スポンサーリンク

ネトウヨとパヨク、陰謀論者という言葉の定義

 本稿ではまず、特定の偏った政治主張を持つ層を定義しておきたいと思います。よくネット上で使われる、ネトウヨとパヨク、陰謀論者という言葉です。

 本稿ではどちらも「強い独自の政治主張を持ちながら、(現実の)一般的に説得力に欠ける」という特徴を持った層を、ネトウヨとパヨク、陰謀論者と意味づけし、以降はネトウヨと表現します。
※ネトウヨという言葉のほうが、一般的に浸透しているように思われるため。

ネット上では極論の持ち主の、書き込み回数が多い

 大規模調査でわかった、ネットに「極論」ばかり出回る本当の理由(山口 真一) | 現代ビジネス | 講談社(3/6)では、ネットで書き込み回数が多いのは、極論の持ち主だと報じられております。

 上記の記事では、憲法改正に関する世論調査とあわせ、ネット上に書き込んだ回数も調査したようです。
 不思議なことに「非常に賛成・絶対に反対」はあわせて14%ほどにもかかわらず、書き込み回数では約50%になったようです。

 「ネットで真実」な人ほど、自分の”発見”した正義を信じ込み、啓蒙(という名の押し付け)を試みる良い事例でしょう。

目立てばOKという、ネットならではの風潮と承認欲求

 TwitterやSNSでの炎上を見ますと、「目立ちたかったので、悪ふざけをした」というものが見かけられます。
 これは、承認欲求の表れでしょう。
 多くの人にいいね! してほしい。絶賛のコメントをもらいたい。面白いといってほしい。
参照:承認欲求が強くなる原因は? どうやって充たせばいい? 精神科医に聞いてきた|新R25 – 20代ビジネスパーソンのバイブル

 ネット上で極論に走るのも、このような構造があるからに他ならないでしょう。
 極論や強い言葉遣い、上から目線で「自分は人とは違うんだ!」「すごいんだ!」という満足感を得たい、というわけです。

 とりわけこのネット上の構造は、嘘やデマを生み出すもとになります。なぜなら、承認欲求を優先させるならば、「嘘でもデマでもいい! 目立てばOK」に行きつくのです。

 ではなぜ、これほどまでに承認欲求が強くなるのか? 現実で孤独だからではないでしょうか?

 グローバリズムは共同体や社会を破壊し、原子論的個人を生み出します。原子論的個人とは、孤独な個人でもあります。
 ポストトゥルースとグローバリズムの関係が語られるように、ネット上でのデマや嘘の根源は、承認欲求の背景に存在する、孤独が原因なのかもしれません。

極論は人を対話不可能へと導いていく

 ネトウヨはもともと、対話不可能な人だったのか? それとも、ネットで極論を振りかざすようになって、現実での政治などの話題での対話ができなくなったのか? どちらなのかは結論付けられません。

 『ネトウヨとパヨク』という記事がありました。物江潤さんの著作、ネトウヨとパヨク (新潮新書)の感想を書いている記事です。

「強い政治的な主張をもつ、対話のできない人」は、現実社会でしばしば孤独であり、そのために必ずしも活発な活動ができませんでした。しかし、ネット上に活動の場を移せば、この孤独は解消されます。説得力に乏しい主張(断言)という欠陥に続き、孤独に陥ってしまうという難点も、ネットによって解決できてしまったわけです。

 物江潤さんは「現実社会で孤独だから、ネットで孤独の解消をしている」と考えておられるようです。
 私は逆のパターンもあり得ると思います。

 最初が孤独というスタート点は同じですが、もともと強い政治主張を持っていなかった、というケースです。
 この場合、承認欲求を満たすために主義主張が先鋭化していき、最終的に対話不可能な人になるというパターンもあるのでは? と。

 どちらにしても、スタート点が「孤独」という点が重要です。

先鋭化、極論化した主義主張は、都合のよい情報のみ集めるようになる

 基本的に人間は、自分の間違いを認めることがいやです。特に、政治主張などではその傾向は、一層顕著になります。

 しかも極論は、極論がゆえに「ほかの主張とあわせ、アウフヘーベン(止揚)する」という余地がほとんどありません
 したがって自説に都合の悪い情報は無視し、都合の良い情報や箇所のみ切り貼りする、という作業に追われることになります。

 端的にいえば、結論は決まっていて、その結論に向けて情報を切り貼りするのです。

 当然ながら、情報の切り貼りはデマや嘘が混ざります。こうしてネット上では、デマや嘘が頻繁に繰り返される現象が、起こるのです。
 認知不協和が発生し続ける、ということになります。

ネット上のデマや嘘になれると、現実でも気にならなくなる?

 熱烈な安倍支持者に多いのですが、公文書改ざんや機関統計の不正問題に無反応というものです。もしくは「それは役所が悪い、安倍政権は悪くない」といったたぐいの擁護論。

 本来ならば、支持しているからこそ、上記のような問題に対しては、安倍政権に反省を求めるべきでしょう。

 ネトウヨや安倍支持者のいわゆる保守を名乗っている層は、入管法規制緩和についても無関心でした。いやしくも保守と名乗っているのに、移民拡大をスルーするとは! と、私は当時、開いた口がふさがりませんでした。

 保守系やネトウヨ系ブログを観察して得た結果です。

 ネット上の嘘やデマは「孤独から発する、承認欲求」「極論と先鋭化」「行きつく先の認知不協和」によって、生み出され続ける構造があると論じました。

 この状態になれてしまうと、どうも現実世界の嘘やデマにも鈍感になるようです。

デマや嘘、ポストトゥルースと戦うことがなぜ必要か?

 嘘やデマとは、端的に定義すれば「間違った情報」です。間違った情報で、正しい判断が下せるわけがありません。

 機関統計不正問題の根源は、まさに「間違った情報では、正しい判断が下せない」というところにあるのです。
 また公文書の破棄なども、「情報が残っていなければ、そもそも判断できない」ではないですか。
※サーバーにいくらでも文章が残せる時代に、破棄、削除するとか「え? なんで?」でしょう。

 我々日本人が、日本の歴史を知ることができるのは、様々な文書が残っていたからです。信長公記や万葉集、日本書紀等々。
 特に公的文書の破棄、削除、改ざんとは「歴史に穴が開く」ということなのでは? と感じます。

 また100年後の大阪人が、大阪都構想で大阪維新が使った資料を見たら「当時の大阪は、こんなでたらめなものを信じる民度だったのか……」と感想を漏らすことでしょう。

 正しい判断は、正しい情報があってこそ可能になるのです。
※正しい情報があったからといって、必ずしも正しい判断が保証されるわけではありませんが。

最後に 嘘の種類

 嘘の種類には、いくつかあるように思えます。

  1. 利己的な嘘、自分の利益のための嘘
  2. 結果的に嘘になってしまう場合
  3. 嘘と知らずに、嘘を書いてしまう場合

 1.は最も罪が重い、と思います。この嘘のややこしいところは、本源的には「利己的な嘘」なのですが、本人自身がそれを自覚しない場合が多い、ということです。
 ついた嘘を、事実だと自分で信じ込もうとすることが、多々あります。

 2.はしょうがない部分もあります。例えば「こうなるだろう」と書いて、結果的に真逆になる場合。厳密には、予測なので「嘘ではない」場合もあります。
 しかし一番多用される嘘でもあります。財政破綻論などは「あれは予測だ! 嘘ではない!」という強弁が通ります。

 何回予測を外してるんだ? いい加減、予測に問題があるとなぜ理解できないの? と辟易とします(笑)

 3.は「次回からは、きちんと調べましょう」で済ませるかもしれません。ただ、弁護士懲戒請求事件のように、大騒動になるケースもあります。
 せめて書く前、行動する前に「ん? これ本当?」と調べる情報リテラシーが欲しいものです

併せて読みたいポストトゥルースやネトウヨ関連記事

2
コメントを残す

1Comment threads
1Thread replies
0Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
2Comment authors
  Subscribe  
新しい順 古い順 最も評価の多い
更新通知を受け取る »
やす

> この場合、承認欲求を満たすために主義主張が先鋭化していき、最終的に対話不可能な人になるというパターンもあるのでは? と。

ありますよね~、頭はいいんだろうけど、行動に一貫性がなく、今日味方になったと思ったら明日には敵、敵とみなすやゲスい内容の文章を臆面もなく書き散らかす。新たな敵が誕生するや、今まで敵と見做し、罵詈雑言を浴びせていた人に恥ずかしげもなく近づき、何事も無かったかのように親しげに会話する。

傍でみていると、ハッキリいって「怖い」。

タイトルとURLをコピーしました