日本の移民・外国人労働者問題 移民受け入れの影響とデメリット


 報道では外国人労働者と報じられる、日本の移民問題ですが、みなさまは「日本がすでに移民大国化している」とご存知でしょうか?

 日本はすでに、世界トップクラスの移民流入数なのです。
 日本がいつのまにか「世界第4位の移民大国」になっていた件(芹澤 健介) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)は2018年6月の記事です。
 入管法の2度めの規制緩和が行われたのは、2018年末ですから、さらに移民・外国人労働者流入数は加速すると予測されます。

 移民・外国人労働者には、どのようなデメリットがあるのか? 解説したいと思います。
※なお移民の定義は国連の「外国人がその国に、12ヶ月以上滞在していること」です。

移民・外国人労働者拡大がもたらす労働者へのデメリット

 報道や政府は「人手不足だから、移民・外国人労働者受け入れはやむを得ない」といいます。本当でしょうか?

 資本主義において、人手不足というのは福音です。少なくとも、労働者にとっては。
 なぜなら、労働者が少ない=労働市場が売り手(労働者)有利=企業は雇用環境や所得をあげて、労働者を確保する、となるからです。

 企業にとっても、悪いことばかりではありません。
 労働者の所得が上がる=国内需要が高まる=企業の売上があがる、のですから。

 この循環に、移民・外国人労働者が入ってきたらどうなるでしょう? 人手不足が解消されてしまい、労働者は低所得に甘んじることになります。
 それどころか、移民・外国人労働者が増えてくれば、彼らと労働市場で競争しなければなりません。
 労働者の競争とは、「いかに自分が低賃金で働けるか」競争です。

 経営者はともかくとして、労働者で移民・外国人労働者拡大に賛成するのは、自分で自分の首を絞めるようなものです。

ヨーロッパではなぜ、反移民が盛んなのか?

引用:衝撃の結果、欧州10カ国で移民に「ノー」:日経ビジネス電子版
設問:「イスラム圏から、これ以上の移民流入を停止するべきか?」

 現在、ヨーロッパでは極右と呼ばれる、反移民政党がメジャーになりつつあります。ハンガリーのオルバン首相、ポーランドの法と正義、フランス国民戦線、ドイツのための選択肢、イタリアの五つ星運動。
 イギリスでも今年に設立されたばかりの、ブレグジット党が世論調査で第1位でした。
参照:英新党「ブレグジット党」、欧州議会選で国内首位見通し=調査 – ロイター

 これだけ反移民政党や政治勢力が、ヨーロッパでメジャーになったのは、いくつかの理由があります。

  1. 仕事が移民・外国人労働者に奪われている、と感じているから
  2. イスラム圏からの移民労働者とヨーロッパでは、文化が違いすぎて摩擦が起きている
  3. 言語が異なるため、移民が労働につけずにスラムを形成する(スェーデンは移民政策で経済破綻の危機 – trendswatcher.net)
  4. 移民の犯罪が目立つ(ドイツで正月に、大量の被害者が出たことは有名(ケルン大晦日集団性暴行事件 – Wikipedia)

 生活実感として、ヨーロッパでは移民への拒否感が高まり、反移民政党が支持されているのです。

日本の2014年、2018年の入管法規制緩和と安倍政権

 2018年の入管法規制緩和は話題になりましたが、じつは2014年にも入管法を規制緩和しています。実際に、日本における移民・外国人労働者の拡大のグラフをご覧ください。

引用:日本は外国人労働者にどれだけ支えられているか?知られざる現実と課題 | DOL特別レポート | ダイヤモンド・オンライン

 2014年から2017年にかけて、4年間で移民・外国人労働者が激増しております。2014年の入管法改正で、在留資格と上陸審査の緩和が行われた結果です。

 2018年には特定技能1号、2号を新設したことで、在留の更新が容易になり、永住の道を開いたとも囁かれております。
 私の見解では、移民・外国人労働者の増加スピードは2014年~2017年より加速すると診断しています。

 安倍政権が愛国保守? 移民・外国人労働者拡大を見れば、真っ赤なウソだと常識的に理解できるはずです。

移民・外国人労働者が一定割合になると、日本文化は破壊される

 ヨーロッパでは特に顕著ですが、自国の文化や慣習、常識を移民・外国人労働者の拡大が破壊してきたという面が存在します。
 2015年頃まで、多文化共生とスローガンを掲げ、「移民に配慮しよう!」としていたのですから当然です。

 自国文化と合わない、移民の自由を認めるとは、自国文化と自国民の自由を制限することに他なりません。
 文化が異なる国民同士だと、どうしてもどちらかが”我慢”させられるのです。

 ヨーロッパは日本より先に、移民・外国人労働者拡大をして、現在の惨状を招いています。それを後追いする必要はありません。
 また「ヨーロッパのように日本は失敗しない」などという保証はなく、むしろ「ヨーロッパで失敗しているのに、日本で成功する」という予測こそ楽観的すぎると断じるべきでしょう。

嵐山での私の経験

 3年ほど前に嵐山に、旅行に行きました。その際に川流しの屋形船に乗ったのですが、受付のおじさんが申し訳なさそうに、小さな声でこう聞いてきました。
「中国人と一緒やけど、大丈夫?」

 なんでも、中国人はうるさい人が多いので、辟易としているとのこと。
 上記の話はもちろん、観光客の例ですが……こういった衝突が、移民・外国人労働者拡大をすれば、随所で起こるのです。

移民・外国人労働者の内訳と人口侵略の可能性

 外国人労働者の国籍別割合で、一番多いのは中国です。おおよそ全体の3割です。
 移民拡大は、近代民主主義国家において、一度受け入れると不可逆的になります。

 だからこそ、ヨーロッパの反移民政党などは「移民受け入れをこれ以上しない」ということを掲げます。強制送還などが不可能だからです。
 解決には2~3世代ほど、すなわち100年近い単位で時間がかかることでしょう。

 国際政治の舞台では、中国の台頭が著しい昨今です。将来的に中国からの、人口侵略がないともいい切れません。

移民・外国人労働者拡大のまとめ

  1. 人手不足解消は、労働所得の停滞、減少を意味する
  2. ヨーロッパでは生活実感として、反移民政党が支持されている
  3. 移民・外国人労働者の拡大で日本文化は、ヨーロッパのように破壊される
  4. 移民の国籍別で、一番多いのは3割の中国
  5. 移民・外国人労働者拡大は、不可逆的である

2
コメントを残す

1Comment threads
1Thread replies
0Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
2Comment authors
  Subscribe  
新しい順 古い順 最も評価の多い
更新通知を受け取る »

【悲報】 ゾンビランドサガの星川リリィちゃん、なぜか英国議会デビュー
http://blog.livedoor.jp/goldennews/archives/52072995.html

エントリーと全く関係ありませんが、上記(まさお)が衝撃的だったので紹介いたします。コラかと思いました(笑)。


当ブログは2018年12月に移転しました。旧ブログはこちら