信用創造とは?わかりやすく信用創造を初心者向けに解説


 経済や現代貨幣理論(MMT)を学び始めますと、一番最初につまずくのが信用創造だと思います。
 一般的な生活感覚から「なぜお金が創造されたり、消滅したりするの? え、なんで?」と私もなりました。

 本日はこのわかりにくい信用創造を、できる限りわかりやすく解説しようと思います。

信用創造(貨幣創造)とはなにか?


この図をしっかり覚えておいてくださいね

 最初に、信用創造ってなに? というところから解説します。
 信用創造というとわかりにくいですが、貨幣創造と表現すればいかがでしょうか? 信用創造とは「お金が創造され、市場に出回り、消滅する」という現象のことです。

 今回は民間銀行と民間市場を前提に、解説を進めます。
※預金準備高は話をややこしくするだけなので、脇に置きます。

 お金って、創造されて最後は消滅するって本当に?

 グルグルと回るものじゃないの?

 本当ですよ。お金は創造、移動、消滅を繰り返すんです。

通俗的な間違った信用創造

 よく経済学のサイトなどでは、下記のような図を見ます。

 このような「間違った信用創造の説明」はいますぐ、忘れてください。
参照追記:風邪ひいた – 断章、特に経済的なテーマ(追記)
 非常に素晴らしく、上記の図を論理的に否定される記事です。他ブログですが「見ておかないとダメ!」といいたいくらいです。

万年筆マネーと銀行口座

 ジェームズ・トービンという経済学者が、信用創造を「万年筆マネー」と表現したことは有名です。
 万年筆で銀行が口座に数字を書き込めば、その口座にお金が生まれる(創造)、という現象を万年筆マネーと表現しました。
 どういうことでしょうか?

 「誰かの債務=誰かの負債」「誰かの負債=誰かの資産」という事実を、まずは覚えてください。
 では銀行があなたに1000万円を貸しました。現金で? 通常は口座に数字を書き込むだけです。

 この1000万円を、家を買うのに必要だったとしましょう。あなたは銀行から現金をおろして、不動産業者に持ち込みますか? 普通は口座から口座に振り込むだけですよね?
 あなたが銀行から1000万円借りたときに、信用創造(貨幣創造)が起きたのです。なにせ、数字を書き込むだけで、1000万円が生まれたのですから。

 このとき、銀行は全口座の預金残高が1円であろうと、1000万円をあなたに貸出できます。
 大切なのは、あなたに返済能力(稼ぎ)があるかどうか? だけなのです。

 逆説的に、銀行は預金残高に関係なく、(借り手に返済能力があるなら)いくらでも貸せる、ということです。
 なぜなら、あなたが銀行に作った口座に、銀行が数字を書き込むだけだからです。
参照:銀行預金の創造と決済 | 批判的頭脳 富国と強兵(中野剛志さん著) 高家さんは福沢諭吉に会えないと寂しがる | 三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ

 実際のバランスシートの動きを、三橋貴明さんのブログ画像から見てみましょう。

 ちょっとややこしいのが、借方=資産、貸方=負債、純資産というのが、バランスシートのルールです。
 「わたくしのバランスシート」は資産(借方)1億円、負債(貸方)1億円でバランスしてます。
 銀行もバランスしています。口座の預金に(貸し出した金額の)数字を書くと、銀行の負債として計上されます。
 融資されておいてなんですが、このまま1億円を返済したら、両者のバランスシートはまた「無」になります。

 1つ異なるのは、「わたくしのバランスシート」の「わたくし」が、市場で1億円を使えるということです。
 お金が銀行の融資(数字を書くだけ)によって、創造されたのです。

現金で考えると、信用創造は理解できない

 信用創造の説明は上述したことで、ほぼ終了です。
 注意点は現金で考えない、というところです。バランスシート(賃借対照表)を理解しないと、信用創造は理解が非常に難しいのです。

 バランスシートを理解したい方は借方と貸方|貸借対照表の借方と貸方の違いをわかりやすく解説!|BIZ KARTEなどをご覧ください。

 現金で考えてしまうと、100兆円ほど発行されている現金が、グルグルと銀行や民間を回っているイメージになってしまいます。
 しかし現実として日本国家全体のバランスシートは約7500兆円、日本の産業市場規模も968兆円です。

参照:総務省|平成29年版 情報通信白書|市場規模(国内生産額)

 つまり取引や資産の殆どが、口座に存在している”数字”であることは明白です。

民間銀行では貸出で信用創造され、返済で貨幣が消滅する

 先程の、三橋貴明さんのバランスシートを理解している方なら、「返済で貨幣は消滅する」という意味が理解できるのではないでしょうか?

 信用創造(貨幣創造)の意味合いは、「市場に流通する貨幣の創造」というイメージです。貨幣は使用されないと、需要も消費も発生しません。

 「わたくし」が1億円を返済し終わると、再びバランスシートは無になります。つまり、1億円という貨幣が消滅するのです。
 貨幣は「創造、移動、消滅」のプロセスをたどります
 そのプロセスの中で、実体経済は仕事や投資が付加価値を生産し、豊かになっていくというわけです。

おまけ 預金は政府支出によって発生するという事実

 最後に少しだけ、政府の支出と信用創造(貨幣創造)を解説差し上げます。
※租税貨幣論は今回、脇に置きます。

 通貨発行権は誰が持っているでしょうか? 政府です。そして日銀は政府のいち機関です。
 通俗な説で「預金残高を政府支出が上回ったら、財政破綻する~」というものがあります。これは完全な誤りです。

 逆に「政府支出(政府の負債)が民間資産(預貯金)を作る」のです。

 通貨は政府しか発行できません。そして通貨は日銀の負債です。日銀は政府のいち機関です。
 日銀は直接的に、国民にばらまく権限は持っていませんよね?
 だから政府が、国債という形で支出をします。

 「誰かの負債=誰かの資産」を思い出してください。政府が負債を負うことによって、初めて民間の資産が生まれるのです。
 したがって、政府支出(負債)が増大すると、民間の預貯金額(資産)も増大します。

 事実は「政府支出(負債)が増大したら、そのぶん民間預貯金(資産)も増大する」ので、通俗的な「個人の貯蓄額を上回ったら~」は嘘だったというわけ。

コメントを残す

  Subscribe  
更新通知を受け取る »

当ブログは2018年12月に移転しました。旧ブログはこちら