財政破綻論5つの嘘-日本の財政破綻論の嘘をQ&Aで初心者向けに解説

この記事は約5分で読めます。

 多くの方は「日本には1000兆円の借金がある」「将来、財政破綻するかもしれない」と思い込んでいるのではないでしょうか?
 そんな方たちのために、そして「財政破綻論は嘘だと知っているけど、いつもうまく説明できない」という読者のために、今日は財政破綻論の主な主張に対しての反論を、Q&A形式でまとめてみました。

 題して「財政破綻論5つの嘘」です。ご活用いただけたら幸いです。

財政破綻論の嘘1 日本は債務超過で財政破綻する!

 日本の国債は1000兆円超えた! 債務超過で将来的に、破綻するんじゃないか?!

 通貨発行権のある政府が、自国通貨建てで債務超過に陥ることはありえませんし、財政破綻もしません。

 1000兆円という数字を見ると、途方も無いように思えますが、日本の国債は全部、円建てです。通貨発行権は誰が持っているのですか? 政府です。

 日銀は政府のいち機関と見なされています。政府がその気になれば、1000兆円硬貨を発行して、国債を瞬時に償還することも可能です。
 もっとも……通貨(円)は日銀の負債、国債は政府の負債なので、負債を負債で償還するだけですが、国家にはそれができるのです。
「誰かの負債=誰かの資産」なので、通貨は国民の資産ですし、国債も民間の資産です。資産と資産を交換されただけなので、誰も損はしませんよね

 豆知識ですが、国債は「償還する」と表現し、「返済する」とはいわれません。なぜでしょう? 政府(日銀)の負債である通貨(円)に交換するだけなので、「償還する」と表現するわけです。

財政破綻論の嘘2 国債の利払いが財政を圧迫する!

 財政破綻はしないかもしれないけど、国債の利払いで財政を圧迫するのでは?

 金融緩和で、すでに国債の半分は日銀が持っています。つまり、日銀引受で国債金利のコントロールは可能なんです。

 まず、日銀は政府のいち機関です。仮に財務省が国債を保有していても、金利の支払いは必要ないでしょう? 実際には体裁上、政府は日銀に国債の利払いをしてますが、本当は必要ないんです。

 日銀が国債を(いくらでも)引き受けられる、というのは異次元の金融緩和で証明されました。その影響はまったく、出ていないのですから。

 将来、国債の金利が上がったとしても、日銀引受で金利はコントロール可能です。もっとも……0.1%程度の金利の現在に、心配することでもありませんが。

財政破綻論の嘘3 ギリシャのようになる!

 でもマスメディアや有識者は、日本がギリシャのようになるといってますよ?

 ギリシャはユーロという共通通貨を使用してます。つまり通貨発行権を持っていないんです。
 通貨発行権を持つ日本と、通貨発行権を持たないギリシャを比較すること自体、おかしな話です。

 ギリシャはEUのいち員で、ユーロという共通通貨を使用してます。裏を返せば、自国で通貨を発行できないのです。

 これは日本でいえば、地方自治体のようなものです。地方自治体と政府を比べて、「政府は財政破綻する!」とか、比較対象がおかしいのはご理解いただけるでしょう。

財政破綻論の嘘4 ハイパーインフレになる!

 ふん! ちょっと待て!
 このまま日本の借金が膨らんだら、ハイパーインフレーションになるだろう!

 ……なりません。(何この、ドヤ顔)

 デフレとハイパーインフレの間には、いくつものバリエーションがあります。
 インフレが行き過ぎたら、増税や金融引き締めなどで、インフレ対策をすればいいのです。

 そもそも現在はデフレ、またはそれに近い状態です。そんなときに、インフレの心配をするのは、雨が降っているのに、雨乞いをするようなものです。

 確かに国債発行の制約は、過度のインフレですが、デフレのときに国債発行額を絞る理由にはなりません
 デフレからハイパーインフレまでには、無数の段階が存在しますので、インフレになってから対策すれば十分です。

財政破綻論の嘘5 借金なんだから、返済しなくちゃならないの!

 しかし国債も借金でしょう? 返済しないといけないんじゃ?

 いいえ、国債は返済ではなく償還と表現されます。
 日銀の負債である通貨と、政府の負債である国債を”交換”するだけですから。
 1900年から現在まで、日本の国債残高は3000倍以上ですが、これで返済しているといえますか? 返済の必要は実質的にはないんです。

 なぜ、国債は”償還する”と表現されるのでしょう? 返済する、ではないのでしょう? ここは面白いところなので、ちょっと詳しく解説しましょう。

 債務の反意語は債権です。負債の反意語は資産になります。
 「誰かの債務は、誰かの債権」「誰かの負債は、誰かの資産」というわけです。

 債権は「いつか元本も返してもらう契約」によって、「返済を請求できる権利」です。ですので債務は「返済が法的に請求される負債」と定義可能です。

 では資産は? 「誰かに返済を請求するもの」ではないでしょう? とすれば負債とは「返済が請求されるもの」という意味は、本来的にはありません
※債務(法律上、返済義務のある負債)だった場合、請求されるわけです。
※負債とは本来、会計学上のバランスシートの概念です。債務は法律学上の概念。

 債務の返済は通常、通貨によって行われます。バランスシート上で、民間ならば得た通貨は資産側に計上されるので、負債側の債務を資産で支払うわけです。

 ところが政府は少し違います。国債も通貨も、政府(と日銀の統合政府)にとっては”負債”なんです。
 ですので、返済(資産で債務を返す)にはならず、「国債を償還する」という言葉になります。

まとめ 財政破綻の心配をする必要はまったくない

 いろいろと見てきましたが、日本は財政破綻の心配をする必要性が全くありません財政破綻というフィクションの心配をするくらいなら、隕石や地震の心配のほうが現実的です。

 財政破綻の心配がない以上、インフレ以外に政府支出増大にも制約はありません。
 社会保障費の増大? 国債で賄えばOKです。
 防災・減災? 国債発行でOKです。
 消費税? 廃止で全く問題はありません。

 デフレに近い状態なのですから、どんどん国債発行をして社会保障への対応、消費税廃止、公共事業を進めて良いのです。
※インフレが行き過ぎたら、私は「インフレが行き過ぎているので、緊縮財政と金融引き締め!」と主張します。

1
コメントを残す

1Comment threads
0Thread replies
0Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
0Comment authors
  Subscribe  
新しい順 古い順 最も評価の多い
更新通知を受け取る »

当ブログは2018年12月に移転しました。旧ブログはこちら
タイトルとURLをコピーしました