ブログに書く内容が思いつかない!を解決するツールや思考法

この記事は約6分で読めます。

 日記代わり、自己表現の場、アフィリエイトで稼ぎたいなど、ブログを書く目的はいろいろあります。しかし続けているうちに、読者が増えてきて「ブログが書きたいから書く」から「読者に期待されているから書く」に変化してきますよね。

 「ネタがあるから書く」ではなく、「書くからネタが必要」になってきます。こうしてだんだんと「ブログに書く内容が思いつかない!」という悩みが大きくなっていきます。

 「ブログに書く内容が思いつかない!」を解決する方法や思考法について、解説します。

スポンサーリンク

ブログを書くための3つのプロセス

 あなたは「ブログを書く」ことを、単一のプロセスで捉えてませんか?

 例えば印刷には、印刷するための原稿が必要です。どこかで原稿を作る、というプロセスが存在しています。
 商品を販売するためには、仕入れというプロセスが必要です。
 ブログを書くにも、いくつかのプロセスが存在します。

  1. リサーチや企画
  2. 構成
  3. 書き出し

 「ブログに書く内容がない!」というのは、リサーチや企画が不足しているからです。こうしてプロセスごとに分けると、解決への道が見えやすくなります。

ブログを書く目的を思い出そう

 ブログに書く内容がないと悩む人は多くの場合、「記事ができないこと」に悩んでいます。言い換えれば「記事さえできたらOK」と考えています。本当に?

 記事を書く目的は、読者にとって役に立つコンテンツを提供することです。楽しい記事でもいいですし、知識が増える記事でもOKです。
 読者に「読んでよかった」と思ってもらえることが、必要ですよね?

 ブログで書く内容がないといっているあなたは、思考の転換が必要です。記事が完成しない、書き出せないことに悩むのはやめましょう。読者にとってよい企画がどうしたらできるか? を考えましょう。

ブログに書く内容はツールと連想ゲームで簡単にゲット!

 ブログに書く内容は、連想ゲームの要領で簡単に見つけられます。例えば「バナナ」というテーマで、あなたはいくつの記事が書けますか? ぱっと思いつく企画は、多くても3~4つほどではないでしょうか?

 しかし関連キーワード取得ツール(仮名・β版)を使えば、即座に数十以上の企画の原案がゲットできます。実際に上記のサイトに行って、バナナと打ち込んでキーワードを確認してみてくださいね。書けそうな内容が、いくつもあるのではないでしょうか。

 ブログで書く内容がない! 内容をどうしよう? と困っている人は「自分で思いつくネタがないだけ」です。外部のツールを活用すれば、ブログネタのアイディアは無限です。

 なお筆者は、以下の手順で書く内容を決定していきます。

  1. ニュースなどを見て適当にインプット。気になるニュースはTwitterでつぶやいてメモ
  2. 上記の段階で書くことが決まらない場合、関連キーワード取得ツール(仮名・β版)に適当に言葉を入力。出てきたキーワードから書けそうな候補を選ぶ
  3. キーワードプランナーで検索ボリュームを調べる。100~1000という数字が狙い目。
    100~1000:1記事でトップページ表示を狙える
    10~100:検索ボリュームが少ないので、書く意義があると判断したときのみ書く
    1000~1万:数記事~数十記事で上位表示を狙っていくレイド的キーワード。飽きっぽいので基本的には狙わない(笑)
  4. 見出し(hタグ)抽出 | ラッコツールズ🔧で、キーワードの検索意図を考える
  5. キーワードと検索意図に沿って、アウトライン(目次)や構成を考える
  6. 実際にライティングしていく

 段取りが多いように思えますが、慣れれば3000文字の記事にかかる時間は1時間半程度です。

自分の中にあるものだけで書こうとしないで

 ブログに書く内容がないと悩む人は大抵、自分の中にある経験やインプットしてきたものだけで、ブログ記事を書こうとします。こんなの、ネタ切れになって当然ですね。

 ブログを書き続けようと思うなら、インプットとアウトプットの循環が必要です。

  1. 記事を書くテーマやキーワードを決めて、キーワードに沿って調べてインプット
  2. 整理したり、深掘りしながら記事を構成してアウトプット
  3. アウトプットすることで自分のものになるので、インプットできる幅が広がっていく

 人間はインプットするだけでは、成長しません。例えば仕事のマニュアルを読んだだけで、その仕事ができるでしょうか? アウトプットして経験することで、自分の中に積み重ねとして取り込めます。こうしてより広い範囲の仕事が、できるようになっていきます。

 ブログも全く一緒ですね。
 「自分が書けるものを書くだけ」じゃなくて、「書けないものを書いてみること」も必要ですよ。難しくないテーマなら、数記事でスムーズに書けるようになります。

ブログに書く内容がない!と悩む前にやるべきこと

 「ブログに書く内容がない!」って、ほとんどは「自分が気持ちよくすらすらと、書けるネタが(すぐには)思いつかない」ってことなんです。

 「自分が書きたいこと」だけを書くなら、すぐ書く内容がない状態に陥ります。

 「記事として書き出すこと」しか考えていないと、企画がおろそかになります。ブログ記事を書き続けるためには、企画を出し続けられる「仕組み」が必要です。

 そして外部のツールを使用したり、企画、構成、ライティングというプロセスを明確化したりすることで、ブログに書く内容は無限大に広がります。

 自分の得意なテーマのキーワードでいいので、関連キーワード取得ツール(仮名・β版)で調べてみてください。いくらでも書くことがあると、気がつくはずです。

スポンサーリンク

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (3人が評価 平均: 5.00)
読み込み中...

 最後までお読みいただき、ありがとうございます。
記事一覧・ブログトップ
 記事が参考になりましたら、ブログランキングクリックで応援お願いします。

 フォローボタンで端末(PC、スマフォ)に更新が届きます。通常1日1回ほどの更新です(同ボタンで解除可能)Firefox、Chrome対応。


スポンサーリンク
政治・時事
この記事をSNSで共有する
高橋聡オフィシャルブログ バッカス

コメントを残す

  Subscribe  
更新通知を受け取る »
タイトルとURLをコピーしました