「桜を見る会」ハチャメチャ国会-詭弁答弁、珍答弁の国会新喜劇

この記事は約7分で読めます。

 にわかに燃え上がっている、桜を見る会問題。燃えて燃やした肌より、なお燃え上がっている模様。しかも若干、白けきった空気まで流れているようです。

 何が問題だったのか? 詳しくは上記参照。一応、箇条書きにしておきます。

  1. 安倍政権になってから、招待客が激増。予算も激増
  2. 支持者へのサービスとして、桜を見る会が利用されたのでは? →公的な事業の私的利用
  3. 桜を見る会の前夜祭が、ありえないほど安い。安倍総理の事務所が収支に関わっているのでは? →関わっていたら収賄罪に

 現在は野党が必死に追求していますが、政府の答弁がなんとも言えない珍妙さです。

スポンサーリンク

「桜を見る会」政府の国会での詭弁答弁、珍答弁まとめ

  • ホテル「パーティーは11000円以上。値引きはしない」
    安倍総理「いや、各個人で払った。安倍事務所は関わっていない」
    菅官房長官「5000円でパーティー、できるのでは? 想定の範囲内」
    招待者「安倍総理の事務所の関係者に払ったような……」
  • 「招待者名簿出せ」から1時間後、招待者名簿は破棄
  • 招待者名簿破棄したのは予定通りらしい
  • バックアップデータが残っている電子データは、政府の定義では「復元できない電子データ」
  • 政府によると、バックアップデータは公文書ではない
  • 政府によると、バックアップデータに文書が残っているのは想定外

 いやはや、凄まじい破壊力です。それぞれの背景と状況を見ていきましょう。

桜を見る会前夜祭に、安倍総理の事務所が関わっていなかったか? 問題

 桜を見る会前日の懇親会(前夜祭と呼ばれる)では、安倍総理の後援会が主催したとされます。しかし後援会の収支報告書には、前夜祭の収支報告は記載されていません。記載漏れだと、政治資金規正法違反となります。

 国会でこの件について質問したところ、安倍総理は以下のように答弁しました。
「各個人がホテルとの関係においても、それはホテルに直接払い込みをしているというふうに承知している」
 つまり「出席者が各個人で、ホテルに5000円を払った」「だから後援会も自分も悪くないし、違反もしていない」と言いたいようです。本当ですか?

 「桜を見る会」安倍首相の国会答弁と食い違う証言 | NHKニュースでは、前夜祭が開催された2つのホテルに質問しました。
「各個人がそれぞれで、パーティーの参加費を払うとかあるの?」
「パーティーの費用って、いくらから?」

インターコンチネンタル東京「個別にパーティー費を受け取ることはない。主催者に払ってもらう」
ニューオータニ「パーティーは最低11000円から。値引きはしない」
招待者「安倍総理の事務所(後援会)関係者に支払った」
菅官房長官「安倍総理大臣の事務所のことなので承知していないが、5000円でできないことはないのではないか。想定の範囲(なんの?)だと思う」

 当事者の証言がこれだけ、安倍総理の答弁と食い違うわけです。いったい誰が嘘をついているのか? はご想像におまかせします。
 菅官房長官の回答は、ギリギリ内角いっぱいに見えます。

共産党が招待者名簿の提出を求める→1時間後に破棄

 「桜を見る会」の招待者名簿/「破棄した」は虚偽答弁/野党追及本部ヒアリングによれば、5月9日に宮本徹議員が招待者名簿の提出を求めました。なんとその1時間後に、招待者名簿は「予定通り」破棄されたようです。
 政府によれば「もともとその日に、破棄することが決まっていた」そうです。だから「予定通り」なんだとか。

 あまりに状況証拠は「NO!」と言っていますが、ワキに置きましょう。
 紙はシュレッダーにかけた。でも作成したPCデータは残っているはずです。しかし政府は「復元は不可能」と提出を拒否しました。

 紙のデータとPCデータを同期させて「復元不可能に、同時に処理する」という素晴らしい技術を、政府は見せつけたのです。これで国家機密も、漏れる心配は皆無でしょう。

バックアップデータは最大で8週間残っていた?だからどうした

 ……ところがPCデータのバックアップが、共産党のヒアリングによると残っていたそうです。最大で8週間は残る、とのことです。なぜ電子データはないのか? と質問されて、バックアップに思い至らなかったのかは不明です。

 しかし政府は、以下のように答弁しました。
「バックアップデータは公文書ではない」
「バックアップはあっても、文書があるとは思わない」

 政府によればどうやら私のブログ記事も、サーバートラブルでバックアップから復元されると「文章ではなくなる」「私の書いたものではなくなる」のだそうです。そんなバカな!

桜を見る会問題で大騒ぎして、肝心なことを議論しない様をなんというか

 桜を見る会問題は、スキャンダルとしても軽量級だと前も申し上げました。たかだか数千万円の問題です。本来なら桜を見る会問題より、日米貿易協定のほうが国益を左右する大問題ですので、大きく取り上げられなければいけません。

 本質的な問題が議論の俎上に登らず、どうでもいいスキャンダルに騒ぐさまをなんというか。「衆愚政治」というのですよ。

 桜を見る会の公文書が失われたことを問題にするなら、日米貿易協定の付随書Ⅱが日本語訳されない(正文として認められない)ことのほうが、よっぽど大きな問題です。どころか真剣に倒閣したいのなら、野党は(いい加減)まともなナショナリズムに目覚めよ! | 佐藤健志によれば、正式に日本語訳したら協定違反に問われるのだとか。笑うしかありません。

 ちなみに野党は日米貿易協定より、桜を見る会問題を重要視している様子。「日米貿易協定追求本部」はつくらないが、「桜を見る会追求本部」は作るのですから。

桜を見る会問題で国会珍答弁を繰り返す、安倍政権は逃げ切りがほぼ確定

 与党議員も「そんな馬鹿な」と思ってる? 「桜を見る会」問題で援護射撃が少ない理由 (1/2) 〈AERA〉によれば、与党議員も安倍政権の国会答弁に内心で呆れ気味だそうです。また桜を見る会問題は関係者も多く、沈静化は非常に難しいだろうとのことです。

 しかしそれでも、安倍政権は逃げ切りがほぼ確定です。
 新たな爆弾が出てこない限り、日米貿易協定などの重要課題はサクッと終わらせ、国会の会期延長もなし。さっさと閉会する予定です。
 この展開どおりになれば、来年の通常国会で解散などという可能性は非常に低いでしょう。

 入管法規制緩和や農協改革、種子法改正、そして日米貿易協定と「重要な議題」を軒並み忘却し、俎上にあげなかった日本国民です。桜を見る会問題程度は、半年もあれば忘却することでしょう。

スポンサーリンク

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (14人が評価 平均: 4.71)
読み込み中...

 最後までお読みいただき、ありがとうございます。
記事一覧・ブログトップ
 記事が参考になりましたら、ブログランキングクリックで応援お願いします。

 フォローボタンで端末(PC、スマフォ)に更新が届きます。通常1日1回ほどの更新です(同ボタンで解除可能)Firefox、Chrome対応。


スポンサーリンク
政治・時事
この記事をSNSで共有する
高橋聡オフィシャルブログ バッカス

コメントを残す

  Subscribe  
更新通知を受け取る »
タイトルとURLをコピーしました