日朝会談を安倍総理がトランプに表明 金正恩は小躍りするのか


 昨日の北朝鮮のミサイル発射実験を受けて、安倍総理はトランプとの電話会談にて、無条件で日朝会談を行うことを表明したそうです。
安倍首相、トランプ氏と電話会談 「無条件で日朝会談」意向を正式表明 – 産経ニュース

 でもなんだかおかしくないか? と違和感を持った方はおられますでしょうか? 違和感の正体を探ります。

ミサイルが飛んで、北朝鮮への圧力路線の破棄。これって?

 産経新聞の報道では「飛翔体」と報じられておりますが、どう見てもミサイルです。

 記事の概要はこうです。

  1. 北朝鮮が”飛翔体を飛ばした”
  2. トランプ大統領と安倍総理が、電話会談
  3. 安倍総理は、北朝鮮に無条件の日朝会談の意向を、アメリカに向けて正式発表
  4. 今後はアメリカ、中国、ロシアなどとも連携して、北朝鮮を非核化したい

 報道が事実なら、何をどう突っ込んでよいのやら。

 簡潔に申し上げますと「北朝鮮がミサイルを打ったら、日本が圧力路線を辞めた」ということになりませんでしょうか?

北朝鮮の非核化は可能か?

 北朝鮮の非核化、というより北朝鮮は非核化する気があるのでしょうか?

 ざっと全体を眺めますと、朝鮮半島はアメリカと中国の緩衝地帯です。しかしトランプ、東アジアにはあまり重点を置いていないようです。
米韓合同軍事演習、中止の理由は「金がかかる」から 胸をなでおろす北朝鮮と中国(1/3) | JBpress(日本ビジネスプレス)

 上記は2019年3月時点のものです。
 なんと「お金がかかる」という理由で、アメリカは東アジアのプレゼンスを弱めているのです。

 このようなことで、本当に北朝鮮を非核化させることが可能なのか? 大いに疑問でしょう。
 また、北朝鮮も自国の戦略上、核を捨てると私には、考えられません。核なしの外交では、北朝鮮が圧倒的に不利になるからです。

安倍総理は無条件の会談といったが、狙いは?

 基本的に日本の主題は、拉致被害者の返還です。
 大事なことです――が、北朝鮮の核開発問題も、日本の安全保障に重大な影響を与えます。

 では北朝鮮の狙いは? というと、当然ながら日本からの経済援助でしょう。

 つまり安倍総理と金正恩が会談すれば、方向性は拉致被害者の返還の対価として、北朝鮮に対する経済援助の要求、という可能性が高いと思われます。

 非核化してない段階で会談を行えば、日本の経済援助の一部が、日本に向く核ミサイルになるかもしれない、というわけです。

 「アメリカが、北朝鮮を非核化してくれるはず」というのは、私にはやや楽観に思えます。今年3月の米韓軍事演習も、金がないという理由でやめたのですから。

そもそもミサイルを発射したら、会談というのがおかしくない?

 冒頭で申し上げました通り、北朝鮮の飛翔体(ミサイル)が打ちあがったら、安倍総理が無条件で会談する用意がある、と公式に伝える。
 これそのものが、かなりおかしくないですか?

 アメリカはもちろん、日本に北朝鮮と会談してほしいはずです。
 米韓軍事演習まで「金がない」と中止するのですから、アメリカから北朝鮮に経済援助なんてするわけがありません。

 とすれば、北朝鮮への経済援助は日本に押し付けることができれば、万々歳というわけです。

 北朝鮮も、日本からの経済援助は欲しい。アメリカは北朝鮮に金を使いたくない。
 確かに、拉致被害者を取り返せる唯一の機会かもしれません。

 その代償に、経済援助が核開発に使われる”かもしれない”ということを除けば。

日朝会談は開かれるのか?

 北朝鮮は前々から、「じゃあなんで日本が、直接言ってこないんだ?」と発言してきました。今まで、拉致被害者を取り戻す! と言っていた安倍総理ですが、北朝鮮に直接の交渉ルートはないようです。

 北朝鮮の思惑としては、日朝会談は望むところでしょう。アメリカも、日本が日朝会談をしてくれることの、メリットが大きい。
 安倍総理としても、拉致被害者が返ってくるというのは、外交上の大きな功績になる。

 現在のところ……という留保付きですが、3者の思惑は見事に合致しております。

 日朝会談は開かれる可能性が高いのでは? と私は判断しています。
 ただし――日本にとって実りのある日朝会談になるかどうか? は別問題であり、出し抜かれる可能性も非常に高いと思います。

4
コメントを残す

1Comment threads
3Thread replies
0Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
2Comment authors
  Subscribe  
新しい順 古い順 最も評価の多い
更新通知を受け取る »
阿吽

日朝会談は、もしかしましたら、場合によっては開催されるかもしれませんが・・・、もしかしますと、開催されてもこのあいだの米朝会談のように、双方とも成果なし・・・と言う可能性も、あるかもしれません・・。

北朝鮮も、拉致被害者を返せるものなら今まででも返していたでしょう。

それは向こうも援助が欲しいだろうからです。

しかし、できなかった・・・、それは、例えば横田めぐみさんなどは、北朝鮮の工作機関に入っていて、日本に返せないというパターンが・・、想像ができます。(違う可能性もありますが)

ですんで、表向き返しやすい人材は、おおかた返し終わったとも見て取れます。

仮に、政府認定外の拉致被害者などを返そうものなら・・、その場合、日本の世論は沸騰しかねません。(数百人以上が北に拉致されていたということがはっきりするわけで、これを日本国の世論は許せるきがしません)

仮に日本人の何人かの返還と、それに引き換えた送金か支援が行われても、その後の日本国民の北朝鮮に対する世論は最悪のものとなるでしょう。

ですので、仮に会談の開催は成功しても、その後の進展ゼロの可能性も、幾分かはあるかと思います。

,
ちなみに、考え得る限りで最悪の展開は・・、北朝鮮が横田めぐみさんは死亡したとして骨を送るとして・・、(場合によっては生存しているかもしれない)横田めぐみさんを『骨にする』ことです。(ちなみに前は偽物の骨を送った)

北朝鮮が拉致被害者の象徴的な立場にある横田めぐみさんの件を終息させるために、上記のようなことをするという場合です。

上記が、考え得るパターンでも最悪のパターンでしょうか・・。

(まあ、この場合でも、骨だけが帰ってきて、生存者の帰国者がゼロだった場合・・、日本国民は北朝鮮に対する援助をとても嫌悪感のあるものとして見るでしょうが・・・・)(ああ、拉致被害者は返さないで、横田めぐみさんの子供だけを日本に送り出すというやりかたも、もしかしましたらあるかもしれませんね)

阿吽

>一番面倒なのは、北朝鮮が時間稼ぎに日本を利用する、ということかもしれません。

まあしかし、逆説的に考えれば、我々にしても、北による時間稼ぎを止める方法があるのでしょうか・・・。

せいぜい、現状維持(北にとっては時間稼ぎ)が精いっぱいな感じもします・・・。(トランプは戦争する気なんてさらさらないでしょうし・・)

このまま北朝鮮は今のまま朝鮮半島の干渉地帯として寝た子を起こさないように、もしくは、はれ物に触るように付き合って、末永く生かさず殺さずで朝鮮半島で存続してもらうか・・、もしくは、真綿をしめるような感じで粘り強く粘り強く経済制裁をして、内部の政変かなにかに期待するか・・くらいですしょうか・・・? 現実問題・・・・・。


当ブログは2018年12月に移転しました。旧ブログはこちら