都構想・維新支持派はフェイクニュース好き-大阪府知事選フェイクニュース


読者からお寄せいただいた、大阪府知事選フェイクニュース情報

 昨日、読者のお一人でよくコメントくださる「アイドル新党なでしこ!」作者のポルシェ万次郎さんと、当ブログコメント欄でアニメ雑談をしていまして、その際に大阪府知事選のフェイクニュース情報をお寄せいただきました。
 ネタができましたヽ(=´▽`=)ノ ありがとうございますm(_ _)m
※(すごく真面目なもの以外の)ネット上の議論は苦手なので、アニメ談義や雑談もコメ欄でOKなんです、そーなんです。記事に対して? 一言二言、感想を頂いてたら雑談でよくないです? というスタンスですので、お気軽にコメントどうぞ~。
※ネット上の議論については、後述します。案外、今回のタイトルの話になるのです。

 さて、こんな報道が流れております。
大阪府知事選でフェイクニュース 維新の会代表が拡散に加担も指摘を受けて削除(立岩陽一郎) – 個人 – Yahoo!ニュース

 ざっと中身を端的に要約しますと、大阪府知事選の吉村元市長(維新)と小西禎一元副知事(反維新)がテレビに出ました。小西候補は司会者の方を見ている画像なんですが、以下のようなツイートがあり、これを松井元知事(維新)が拡散していたようです。現在はデマだと認め、削除したとのこと。

小西候補、言ってないのに捏造されるの巻

 ちなみにやり取りは、上述ニュースから以下であったとのこと。

司会:4つ(の区に分けること)に余計にかかるお金が増えていないという(小西候補の)ご指摘はいかがですか。

吉村候補:小西さんは1500憶円かかるといわれたんですが

小西候補:違います、違います・・・

司会:先ずは吉村さん。

吉村候補:初期コストで1500憶円かかると言われたんですが、これは間違いです。まず、初期コストですね、500億円の初期コストで、よく1500億円といわれるんですが、15年のランニングコストがかかるのをまとめておっしゃってますね。ただ、これはコストとは思っていなくてですね。これをすることで4つの特別区ができますから、例えば、今1つの教育委員会ですよね、それが4つの教育委員会ができます。500の学校を僕が、1つの教育委員会でみてますけど、その500の学校を4つにわけてより身近にみていける。つまり、これは住民サービスの拡充に広がる。僕はそういう風に思っています。

コメンテーター:とすると、4つに分けても収支不足は発生しないと。

吉村候補:発生しません。そういう制度設計です。

司会:入ってくるべき交付税が入ってこないという指摘はいかがですか。

吉村候補:交付税に関しては、これは大阪市、大阪府どっちも交付税もらっているんですけども、その範囲内で制度設計していますから、増えも減りもしないんです。

司会:あらためて小西さん、付け加えることがあれば?

小西候補:今の1500憶というのは全然関係ない話で、分割によるコスト増がみられていないですよね。入ってくるコストの範囲で制度設計をしてるということは、コスト増の部分は住民サービスが下がるというのとイコールなんですよね。入りは変わらずに、出の部分は従来の行政サービス・プラス・コスト増部分があるわけですから、それをどうするかという部分をお答えいただかないとサービス水準が維持できるかどうかの答えにはならないんですね。

 報道でも「いや、小西候補はデマを指摘されていないし、司会の掲げるパネルを見てただけ」と指摘されております。

該当の場面

松井元知事はネトウヨ系サイトがお好き?

 Twitterの発信元と思われるアノニマスポストは、政治ブログランキング(私と同様のジャンル)でも111位にいるまとめサイト。いわゆるネトウヨ系まとめサイトです。
 端的にいえば、松井元知事はこういうサイトを見ているだけならいいんですが、信用までしているのでは? という疑義が浮上します。

 なにせ無条件に、真偽も確認せずにリツイートして拡散していたようですから。
 松井元知事といえば、大阪市長選にも立候補している公人であり、大阪維新の会の代表でもあったはずです。
 とすればーーその大阪維新の会を代表する公人が、ネトウヨ系サイトを無条件に信じてリツイートしていたとは、それそのものが「大阪維新の会の体質」と解釈可能でしょう。

 私はネトウヨを蛇蝎のごとく嫌っておりますが、なぜか? デマ、嘘、都合の良い切り貼りが多すぎるからです。ネトウヨが忌み嫌ういわゆる「マスゴミ」と彼らが呼ぶマスコミより、ネトウヨのほうがよほどタチが悪いです。

 閑話休題。松井元知事と小西元副知事、面識がないはずがありません。調べてみたら、2015年の松井元知事の任期に合わせて辞職。その際に松井元知事は「財政再建のリーダーとして黒字転換させた立役者(wiki)」とまで言っていたのだそうです。

 松井元知事もネトウヨと同じく「敵になったら、嘘で叩く」という習性があるようです。少なくとも、「知った人柄だから、常識的に判断する」ということはしなかったようです。

フェイクニュースはネトウヨ系まとめサイトとSNSから

 日々、日本のマスコミはニュースを報道しています。何十社かくらいはあるでしょう。その中でフェイクニュースと騒がれるのはほんの僅か。
経済系ニュースは相変わらず「クニノシャッキンガー」ですが

 それに比べてネトウヨやネット発、SNSなどのフェイクニュースは非常に多いのが実情です。騒がれるものも多いですが、騒がれないものの数といったら、もはや数えるのが無駄だと思えるくらいでしょう。

 なぜそうなるのか? ネットでは「目立ってなんぼ」だからです。ネトウヨ系まとめサイトの管理人は、基本的にノンポリが多いそうです。完全にネトウヨビジネスなんですね。端的にいえばバカを集めて商売にしているわけです。
参照:右派系まとめサイトの管理人に「目的」を直撃してみた
 商売ですから、嘘でもデマでも「儲かればいい」がネトウヨ系まとめサイトの本音です。

 今回の松井元知事(維新)のツイートは、よくいっても「情弱ネトウヨ的」であり、悪くいったら「デマと分かってても、目立つためにリツイートした」と解釈できそうです。
 この松井元知事が代表の大阪維新の会、推して知るべしーーなのです。

7
コメントを残す

2Comment threads
5Thread replies
1Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
4Comment authors
  Subscribe  
新しい順 古い順 最も評価の多い
更新通知を受け取る »

自由とか規制緩和とか民営化とかが好きで、「痛みを切る」だの「税金でメシくってる連中」とかの言い回しを好んで使う度し難い連中、自分の国のGDPほか経済統計を知らない、大阪維新の支持者はだいたいそのようなイメージです^^

阿吽

>フェイクニュースはネトウヨ系まとめサイトとSNSから

昔の2ちゃんのハン板(00年代くらいかな)なんかは、ほんとにソース至上主義で、それこそ自分達は朝日新聞に代表されるようなマスコミとは違う!・・・という自負心があったんですけどねえ・・・。

今じゃあ、そんな自負心は見えもしない、以前ヤンさんに紹介したまとめサイトのコメント欄にあったように、『嫌なら見るな』にまで堕してしまった・・。

過去の姿勢を知るからこそ、今のネット右翼に対してなんだかなあ・・・って思いますね・・。

,
しかし・・・・、実はそんなネット右翼みたいな人が、実は現在再生産されつつある・・・・。

私の身近な事例でも、いきなり韓国が悪い国だみたいな論調を発信する人が出てきています。

まあ、韓国も大概なので、反韓国の人が増えるのはしょうがないのですが・・、話しを聞いていますとまとめさいと系のネタに近いなと思われる韓国ネタを発信する人もいます・・・。

それはスマホの普及等で、過去にはネットに触れなかった層までもが、気軽にネットの情報にアクセスできるようになって・・、それで起こった現象なのではないかと思います・・・。

まあ、嫌韓ネタはワイドショーみたいなもので、一種の娯楽的なものとして、普通の人も親しみ(?)やすいんでしょうかね・・・。(韓国の責任も大です。最終的解決を謳った慰安婦合意、さらには徴用工裁判による日韓基本条約の違反行為、レーダー照射問題等々・・、これで反韓国になるなと言う方が無理です)(まあ、この界隈の人なら、そこさらさらにディープに、それらの問題の根幹にあるのが、戦後レジーム的なものから生み出される、長年の日本の国家方針無き、ことなかれ外交のつけというところまで批判がいくかとは思いますが・・)

,
上のカッコ内のように、ある程度本質的な所まで理解したうえでの反韓国の話題なら、まだ、かまわないとは思うのですが・・、しかしてそれが、2ちゃんまとめサイトの言説を丸々信じるようなものになってしまいますと・・、そうなりますと、だいぶ危惧するようなじたいということに、これはなってしまいますね・・。

elephus-elephus

震災の後に「ライオンが逃げた!」というデマをtwitterで拡散した連中と同じ頭の構造だと思います。ソースの信憑性なんて疑わないんです。
松井一郎の頭の中も似たようなもんでしょう。こんな人物が市長になった場合、震災等の非常事態にデマの情報をsnsで拡散する恐れがあるということです。もっとも、松井一郎が小西候補を貶めるデマを拡散した件は、デマと知っていて故意に拡散したのかもしれませんが。だとしたらなおさら政治家には向いていない人物です。


当ブログは2018年12月に移転しました。旧ブログはこちら