詭弁「辺野古反対が民意はトリック」という議論-フェイクニュースは踊る

「辺野古反対が民意」はフェイクニュースではない

 グーグルニュースをざっと見ておりましたら、珍妙な記事に出会いましたのでご紹介したいと思います。

(前略)
一部野党やメディアは、 住民投票で、辺野古反対が7割を超えたので、 それが沖縄の民意であり、日本政府は辺野古移転をやめろ、 という趣旨の主張をしている。  しかしそれはフェイクニュースだ。

今回の県民投票の有権者は115万3591人。
投票に行った人は60万5385人。 
行かなかった人は54万8206人。

辺野古移設に反対の人は43万4273人
賛成の人は11万4933人
どちらでもない人は5万2682人。

投票に行った人の中で反対の人は確かに7割を超えるが、 全有権者の中の割合を見ると38%、4割弱に過ぎない。 つまり投票に行かなかった54万人を巧妙に無視している、 よくあるトリックだ。(後略)   

「辺野古反対が民意」はトリックだ 我々はまた悪夢を見なければいけないのか – FNN.jpプライムオンライン

 例によりましてFNNはフジサンケイグループです。
 上記の記事は何をどう考えても「へっ?」としか言葉が出てきません。例えば上記のように、得票率ではなく「選挙に行かなかった人」まで含めるのならば、日本の国政選挙はおおよそ50数%で推移してますので、自民党は25%以下ほどしか票を取っていない! したがって自民党支持は民意ではない! という論理は通るでしょうか?

 「国政選挙ではないので、法的拘束力はない!」という反論がありますが、でははっきりと「投票率が50~60%程度の県民投票は無意味である!」と主張されたらいかがなのでしょう?
 この記事の筆者の主張は、何をどう見ても常軌を逸しています。

 投票に行かなかった人を無視している! と上記の記事では暴論をはいていますが、ちゃんと事前の世論調査でも7割が反対と出ているんですね。

辺野古移設「反対」、7割に迫る 沖縄県民投票の世論調査 | 共同通信
 上記は県民投票前に行われた世論調査ですが、県民投票に行くと答えた人の割合は94%。その調査において辺野古に反対が7割です。
 つまりこの場合、メディアが「辺野古反対が7割」と報道するのは非常に正しくて、フェイクニュースなどではないのです。
 むしろ……大勢が決まっているので、54万人が投票に行かなかった、と解釈するほうが自然です。

FFNはなぜこのようなフェイクニュースを流すのか?

 冒頭の記事は暴論であり、統計を知らない人間の言であり、屁理屈や詭弁の類でしょう。冒頭記事では「フェイクニュースを許すな!」と気勢を上げますが、その記事自体がフェイクニュースであったというオチ。何というブラックジョークなのでしょう!

 まずFFNがフジサンケイグループということが大きいのでしょう。自称保守の有識者やら記者が記事を書いておりますから、「日米安全保障条約と沖縄の基地は絶対に必要」という前提条件でしか、物事を見れないのです。
 これは完全に認知不協和だと言えます。

 彼らにしてみれば「旧民主党の売国勢力や、沖縄の左派勢力が安全保障を弄んでいる!」とうつっているのです。……緊縮財政で一番安全保障を脆弱にしているのは、他ならぬ安倍政権なのですが(汗)

 上記の解釈が正しいかどうか? は冒頭の記事の最初と最後だけ見れば理解可能です。

初めに言っておくが、 僕は沖縄の人たちが米軍は出ていけと言っていることについて、 住民エゴだとは思っていない。

(中略)

ちなみに旧民主党政権の人たち(連立を組んでいた社民、自由も含む)が、 この間違った前提をもとに だから辺野古はやめろと言っているが いい加減にしてもらいたい。  あなた方が県外だ、国外だ、腹案がある、ごめんやっぱり辺野古だ、などと無責任に日本の安全保障を弄んだことを国民が忘れたとでも思っているのか。

 我々はあの「悪夢」をまた見たくないのだ。 

「辺野古反対が民意」はトリックだ 我々はまた悪夢を見なければいけないのか – FNN.jpプライムオンライン

 これは「沖縄の人たちは悪くないけど(中略)民主党が悪い」といいたいがために、書いた記事としか思えないでしょ? ちなみにこの記事の筆者の論法で言えば、県民投票は投票率が低ければ、民意は問えないと言っているに等しいのです。
 少なくとも、国政選挙並の投票率では民意が問えない=意味がないと言っているのであり、であれば県民投票そのものを否定する主張となるはずですが……そこまでの勇気はないようです。

国士気取りの自称保守は引退するべき

 ネット界隈でもメディアでも雑誌でも、どこにでも自称保守は存在しますが、もはや彼らの主張していることは、昔から一歩も前進してませんし、深まってもいません。
 要するに勉強不足で、もはや議論にすらならないというのが実態なのです。
 日米安保と聞けば「日米同盟!」と対米従属を支持し、その口で親日だ、反日だ、売国奴だと述べる。対米従属していて、自分たちがアメリカに売国しているという意識は、てんで無視しているわけです。

 比較するわけではありませんが、左派はまだその点マシです。最近は少しずつですが「反緊縮」という運動も出てきたようです。前進、深化していると評せると思います。
 もっとも、安全保障の議論において私は、左派と合致する点は少ないのですが、積極財政では大いに同意できると感じています。

 自称保守の議論が前進していないのは沖縄県民投票反対が7割-辺野古移設しか道がない、は本当か?を御覧頂いても、一目瞭然かと思います。
 韓国や中国を”口撃”することが愛国心だと勘違いしている連中は、口をつぐんでほしいものです。

7+

2
コメントを残す

1Comment threads
1Thread replies
0Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
2Comment authors
  Subscribe  
新しい順 古い順 最も評価の多い
更新通知を受け取る »
阿吽

>日本の国政選挙はおおよそ50数%で推移してますので、自民党は25%以下ほどしか票を取っていない! したがって自民党支持は民意ではない! という論理は通るでしょうか?

 これは、わりとそう言っている人が、たしか、少なくない数はいますね・・・(^^;)

>上記は県民投票前に行われた世論調査ですが、県民投票に行くと答えた人の割合は94%。その調査において辺野古に反対が7割です。

 上記を論理の補完に使う場合は・・、半分までではないかとは思います・・。

 それは、7割の反対は今回の選挙結果とほぼ合致しましたが・・、県民投票にいくと答えた人が94%、しかして実際は有権者のおよそ半分です。

 世論調査の民意が実際の投票結果と合致する証拠としては・・、半分くらいではないかと思います。

 その上でですが・・、投票率が低かった要因としては・・、大勢が判明していたからというよりかは・・、おそらく、賛成票が多数を占めてもどうせなにも変わらないのだろうという一種のあきらめみたいなものもあったのではないかと思います。

>韓国や中国を”口撃”することが愛国心だと勘違いしている連中は、口をつぐんでほしいものです。

 そのとおりですね。

 まあ、しかし、手っ取り早く国士にはなれますからね・・・・・。

 愛国娯楽としてはもってこいです・・。(なかには一部、ガチのガチで、韓国・在日に憎しみを持っている人もいますが・・、これはやはり、けっこう少数派ですね・・)