WordPressと検索エンジン対策-検索エンジンからの流入数を決定づけるのは何なのか?


WordPressというCMSのSEO優位な点

 「そうだ、ブログを始めよう」と思っていろいろと調べると、一様に殆どのブログが「無料レンタルブログはやめておけ。WordPressを使え」と書いております。私もその意見に大賛成です。無料レンタルブログで始めるにしても、移転が難しいアメーバブログだけは「選択肢として入れてはいけない」とすら言えるかもしれません。もちろん、ブログでアフィリエイトなどの副収入がほしいという目的の場合であり、ただ単に日記、雑記を投稿したい程度であればアメーバブログも選択肢としてはありでしょう。

 しかしアフィリエイトを考えるのならば、無料レンタルブログ、特にアメーバブログだけは将来性を考えても絶対に「ありえない」が多くの、WordPressユーザーの結論でしょう。・・・まあ政経論でブログをやっている人は、三橋貴明さんがアメブロでやっていたので、アメブロという選択肢になった人が大半だと思います。三橋貴明さんがWordPressを使用していたら、きっとWordPress主体になっていたことでしょう(笑)

 なぜ無料レンタルブログよりWordPressが有利なのか?いくつかの理由があります。

WordPressが有利な点その1 独自ドメインしか選択肢がない

 WordPressはサーバーをレンタルして、そこにインストールして、独自ドメインで運用します。レンタルサーバーを借りて、レンタルサーバーのサブドメインを使用する人は殆どいないでしょう。独自ドメインは種類によって料金が異なりますが、おおよそ1500円/年~3000円/年くらいで、大した費用はかかりません。(サーバー料金は様々ですが、ジェットボーイなどは高性能で安いプランがあり、290円/月で1つのブログであれば運用できます。私は複数ブログとアダルトブログを運用しているので、ミックスホストの150Gのプランですが)

 この場合、独自ドメインということが非常に重要になります。同一ドメインでGoogleに同じキーワードで表示されるのはおおよそ3つまでになっております。つまり、無料レンタルブログの場合、そのブログ業者のサブドメインで他のブロガーと競合が発生するということです。例えば1000人のブロガーが「WordPress」というキーワードの記事を書いたときに、表示されるのは3名までということに。

 その点、独自ドメインでしたらこのブログ業者内での競合が起こりませんので、かなり有利になるわけです。

WordPressが有利な点その2 検索エンジン対策がそもそもされている

 無料レンタルブログでは、主にレスポンス速度やSEO的観点から検索エンジン対策に難があることが多々あります。アメーバブログは最近非常に初回アクセス時のレスポンスが悪いです。3秒以上レスポンスにかかると、ほとんどのユーザーが読み込みをやめてしまうという研究結果すらあります。

 WordPress5が現在の最新バージョンですが、確か4.9あたりからPHP7を推奨しております。PHPというのはサーバーサイドのプログラム言語で、WordPressもPHPで作られております。そしてPHP7の一番の特徴は、PHP5などに比べて非常に速度が早いことです。サーバーとしてはSSD(高速な記憶領域)を使用しているもので、LiteSpeedにてサーバーを運営しているものが最上でしょう。ミックスホスト、ジェットボーイが国内サーバーではこれに当たります。

 読み込み速度、ブログの高速化はSEOとしても必須です。

 次にWordPressはGoogleの幹部が「8割方検索エンジンフレンドリー」と評している事実です。(後の2割は多分、テンプレートなどで変動する)

 さらに検索エンジン対策用のプラグイン、Yoast SEOなども存在し、このプラグインは長年の実績からかなり評価して良いと思います。設定はほとんどなく、ポチッと入れるだけでOKです。

WordPressが有利な点その3 モバイルフレンドリー

 現在のGoogleはレスポンシブウェブデザインを良しとしておりまして、サイトがモバイルフレンドリーかどうか?は検索順位に関わってきます。レスポンシブウェブデザインとは「PC、モバイルどちらで見ても、同じHTMLをサイズ可変で出力する」というデザインです。

 多くの無料レンタルブログはこれに対応しておらず、アメーバももちろん対応しておりません。PCとモバイルをユーザーエージェントなどで判断して、別ファイルに飛ばすわけです。デザイン面でもPCのテンプレートを設定して、スマートフォンはいじれないか、いじれたとしてもまたテンプレートを設定してと二度手間でございますね。

 ちなみにWordPressでもレスポンシブウェブデザインのテーマを選ぶことが必要になります。(もう、ほとんどのテーマが対応していると思いますが・・・対応してなきゃ時代遅れです。)

無料ブログではアフィリエイトが殆どできない、という事実

 WordPressは自分でサーバーを借りて、自分でドメインを取得して使用しますので、どこにアフィリエイトをどれだけ貼り付けようが自由です。しかし無料レンタルブログは大きな制約があることが多いようです。

 まず殆どのブロガーが貼っているグーグルアドセンスですが、数年前から審査が厳しくなり、サブドメインでは審査に通らなくなりました。トップレベルドメイン(独自ドメイン)でないと審査すら受け付けてくれません。

 ちなみにアメーバブログで可能になった楽天、Amazonなどははっきりいって「全く収入にならないレベル」です(笑)月に500円もいきません。私の旧ブログは24000PVもあって500円未満ですよっ?すごい簡単に申し上げますと、アメーバブログや大抵の無料ブログではグーグルアドセンスなどの宣伝が出てきますでしょ?月に1万PVあれば、あの広告で3000円ほどがブログ事業者に入っている計算になります。私の旧ブログでしたら7500円/月がアメーバブログに・・・考えたら凄い損している気がしてきました。これ、無料でライターさせられてるのと何が違うの?という意見も他のブログで見かけました。うん、まあ言いたいことは分かる。

ブログ有料プランとWordPressのランニングコストの検討

 どの無料ブログにも「広告の出ない有料プラン」があると思いますが(ライブドアブログは有料プランが無料になったらしい)、アメーバブログで1000円/月、はてなブログで600円/月だそうです。しかもアメーバブログは有料プランでも、グーグルアドセンスが貼れないんですぜっ。(そもそもアメブロは独自ドメインが使用できないため、審査に通らない)

 はてなブログ、ライブドアブログなどは独自ドメインの取得、グーグルアドセンスへの申請などが可能なようです。アメーバブログをボロクソに言っているような気がしますが、良い点もあります。SNS的な感じなので、そもそもアメーバ内でアクセスを集めやすい点。そこでアクセスを集められるようになったら、WordPressに移って、アメーバブログでは更新のお知らせのみをすることで、アメーバブログのときの読者の流入を促せますので、ありっちゃありでしょう。

 ただし記事の移転は「死ぬほど面倒くさい」ですが。そもそもアメーバブログにはブログのエクスポート機能(移転時に記事やコメントを出力する機能)が存在しないのですよね。他の無料ブログには普通にあります。ですのでアメブロの場合、FC2にアカウントを作ってFC2側の機能で引っ越し→FC2からブログをエクスポート→WordPressにインポートという手順になります。

 しかしライブドアブログならまだしも、はてなブログやアメーバブログで有料プランで600円~1000円/月を払うくらいなら、レンタルサーバー+独自ドメイン+WordPressで運用してもランニングコストはさほどかわりません。サーバー(ジェットボーイ最安プラン)290円/月+ドメイン130円/月ですから、ランニングコストとしてはむしろWordPressに軍配が上がります。

1番の検索エンジン対策はじつは記事数

 様々なブロガーさんの実体験を検索しながら見ておりますと、やはり記事数が少ないうちは検索エンジンからの流入数は非常に少ないのだそうです。おおよそ100~300記事を書いたあたりから、大幅に検索エンジンからの流入数が増大するというのが、多くのブロガーさんの見解です。これにはいくつかの理由があるように思えます。

  1. ブロガー初心者だったので、最初は記事が短かったりキーワードを意識できていなかったりする。それが記事数を書くことで精度が向上していく。
  2. Googleでは価値のあるとサイトを判断するのに、100~300記事を程みて決めるのかもしれない。つまり実績のあるブログやサイトになることで、Googleが信用する。
  3. 単純に記事数が多ければ多いほど、ビックキーワードで上位になる記事の数も多くなる。

 1)ですが一般的には記事の文字数は2000~3000文字程度が理想とされております。1000文字以下の記事はGoogleでは価値があるとはほとんど判断されません。逆に長過ぎると読者が疲れる、ということで2000~3000文字程度が理想とされております。(面白ければ1万文字でもいい気がしますけど。)

 2)と3)についてはあまり説明は必要ないでしょう。というわけで、「きっちりした記事を、数多く書くこと」が最大のGoogleからの流入数、アクセスを増やすコツとなります。逆に「100記事以内で、検索エンジンからの流入数が増えた」という記事は全く見かけませんでしたので、最低100記事書いてからが勝負となるようです。

アメーバブログについての検索エンジンからの流入割合

 アメーバブログが旧ブログだったのですが、月に24000PVほどのブログで、検索エンジンからの流入数はわずか3000~4000PVほどでした。700記事も書いていたのに(笑)通常、普通にWordPressなどでブログをやっている場合、6~8割程度は検索エンジンからの流入となるようです。つまりまあ・・・単純に考えても、旧ブログがアメーバブログではなくWordPressだった場合、6割としても11000PV程が上乗せされて、35000PVほどにはなっていたと計算できます。そうするとブログランキングで40位台を突破しているかもしれなくて、さらにPV数は上乗せとなっていたかもしれません。(上記PV数は結構いい加減なアメブロアクセス解析の数字です)

 とにかく今は、100記事にさっさとたどり着くように、ひたすら毎日更新していきたいと思います。

2
コメントを残す

1Comment threads
1Thread replies
0Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
2Comment authors
  Subscribe  
新しい順 古い順 最も評価の多い
更新通知を受け取る »

SEO的に新サイトは、半年くらい毎日休まず更新を行わなくてはならないんでしたっけね? アメブロはあらゆる細かいところまで、いかに負荷を抑えて収益性を高めるかに固執している印象があり、セコイというか何とかいうか、思想や運営方針自体が色々と気に食わないです。


当ブログは2018年12月に移転しました。旧ブログはこちら